FC2ブログ

目黒 沖縄居酒屋「遊食家ゆがふ」

居酒屋探偵DAITENの生活 第437回 2011年7月23日(土) 【地域別】  【時間順】



目黒 沖縄居酒屋「遊食家ゆがふ」



 
 
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 WEBプロデューサーミュージシャン舞踏家という多くの顔を持ち、SAKURAの芝居では音響家としても活躍してくれた寿島宅弥氏から久しぶりに連絡があった。新しい分野の仕事の為、東京を離れるという。その前に一度御一緒することになった。
 これまでもそうであったけれど、寿島宅弥氏と酒杯を酌み交わすのは楽しい。その幅広い知識とバランスのとれた思想と人格には敬服するものがあるのだ。

 今回、待ち合わせたのはJR目黒駅の改札。向かったのは目黒駅東口から徒歩1分の好立地にある沖縄居酒屋「遊食家ゆがふ」である。こちらの店はビルの地下の店で、収容人数は120名とのこと。私が紹介するお店としては大規模店である。
 左にカーブしながら地下へと続く階段に足を踏み入れた途端、沖縄民謡が流れた。一期に気分が高揚する。

 地下の店内に入ると、すぐ右手はトイレ、左手は調理場の様子。間を進むと、お店の中央に、周囲に座ることが出来るようになっている大テーブルがある。その右手の方に、たくさんテーブル席が並んでいる。奥の方にもテーブル席が6卓ほど。奥の左手には40名ほどが座れる板の間があるようである。
 見渡せる範囲では席は満席であった。奥の方の手前中央のテーブル席が一つ空いていた。3人でその席に座る。

 最初にうれしいことにプレゼントをいただいた。感謝である。そして、御挨拶も早々に、乾杯の算段。
 事前にインターネットで調べ、クーポンを印刷しておいたので、1杯目は、一番搾り生ビールを3杯サービスをお願いする。このようなクーポンが使えるようなお店を私が紹介するのは珍しいケースである。

 お通しは自家製ジーマミー豆腐である。
 メニューを開き、ビアチョリソー(580円)、海ぶどう(560円)、ミミガーポン酢(480円)、茶豆と地豆(400円)を一期に頼む。
 3人共、沖縄料理が好きなので話が早いのである。

 寿島宅弥氏が音響家として参加してくれた咲良舎の公演・久生十蘭作「金狼」に登場する人物が沖縄人であった。もともと沖縄好きのSAKURAを中心に、沖縄に関する文献を読んだり、情報を集めた時期があった。3人で飲むと話題はいつも沖縄のことになった。

 ビールを飲みながら近況やこれまでの経緯について話をうかがう。

 海ぶどうのプチプチとした食感が楽しい。茶豆と地豆とは、いわゆる枝豆と茹でた落花生であった。この組み合わせで食べるのは初めて、なかなか良いのである。

 2杯目は、私はシークァーサーサワー(400円)、寿島氏は一番搾り生ビール(350円)をもう1杯、SAKURAはグラスワイン赤(320円)である。
 さて、ちょっと調べてみると、沖縄方言で「シー」は「酸」、「クヮーサー」は「食わせるもの」を表している、つまり、「シークヮーサー」という名称は「酸を食わせるもの」という意味だそうである。

 3杯目は私は黒霧島(460円)を先行。うまい泡盛はついつい飲み過ぎてしまうので、いつも飲んでいる芋焼酎に「自己規制」したのである。

 3杯目寿島氏は一番搾り生ビール(350円)、SAKURAは続けてグラスワイン赤(320円)、私の4杯目はさんぴんハイ(330円)。さんぴんハイとは、沖縄ではさんぴん茶と呼ばれているジャスミン茶で焼酎を割ったものである。

 寿島氏の4杯目は泡盛になった。エンジンが掛かってしまったのである。
 お店の女性の方に相談しながら泡盛・咲元(500円)を注文する。那覇市首里鳥堀町の咲元酒造合資会社の泡盛である。
 しかし、お店の女性が戻ってきて、申し訳なさそうに売り切れであることを告げた。
 そこで、沖縄県豊見城市の忠孝酒造株式会社泡盛・華忠孝(480円)に変更。

 私の5杯目は、シークエンサワー(400円)である。お店の方に聞いてみると、シークァーサーサワーをさらにすっぱくしたものだそうである。シークァーサーにクエン酸を追加したものかもしれない。

 追加のつまみは、SAKURAの好きな島らっきょうの塩漬(500円)と、寿島氏のリクエストのソーメンちゃんぷるー(580円)である。両方とも美味。

 寿島氏の5杯目は8年クースー泡盛・瑞泉白龍(750円)である。有名な那覇市首里崎山町の瑞泉酒造株式会社泡盛古酒である。度数は40度。私も少し味見をさせてもらった。まろやかな味で、香りが素晴らしい。
 どこかのお宅で長く保存してあるクースーを瓶(カメ)からついでいただき、飲んでみたいという夢がある。これは、私が沖縄に移住したい理由の1つである。

 お新香盛り合わせ(480円)を最後にもらい、軽く塩分補給。

 寿島氏との楽しい一時はあっという間に過ぎて、3時間以上の時がたってしまった。閉店時間である。

 お勘定は3名で8,910円1人当たり3000円弱であった。

 たとえ遠くに行ったとしても、命があれば、また会うことは出来る。再会を約束して目黒駅のホームで固い握手とハグで別れたのは、日付の変わった後であった。



目黒 沖縄居酒屋「遊食家ゆがふ」
住所 東京都品川区上大崎2-12-2 瑞穂ビル B1F
電話 03-3444-6839
定休日 日曜・祝日
営業時間 17:00~24:00
交通 JR目黒駅下車徒歩1分





ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

目黒駅

Comments 2

新岳大典

Re: ありがとうございました!!

寿島宅弥殿

> 新岳せんせ! 記事読んであのバタバタした季節を思い出しました♪
> また飲みましょう! 味光路@紀伊田辺では『もちがつお』が旬ですよ!
> 中でも「かんてき」さんは美味しいです!!
> http://www.ajikoji.jp/cate02/kanteki/index.html

寿島さんとは、いつもいつも戦友でしたね。咲良舎の歴史もまた戦いの歴史ですから・・・。
「もちがつお」いいでねえ、マグロよりカツオが実は大好きな私です。
「かんてき」さん、飲んで食べて紹介してみたいですね。
東京でお会いできるその日は、よいお店にお連れしましょうね。




寿島宅弥

ありがとうございました!!

新岳せんせ! 記事読んであのバタバタした季節を思い出しました♪
また飲みましょう! 味光路@紀伊田辺では『もちがつお』が旬ですよ!
中でも「かんてき」さんは美味しいです!!
http://www.ajikoji.jp/cate02/kanteki/index.html