戸越公園 居酒屋・定食「やわらぎ」

居酒屋探偵DAITENの生活 第438回 2011年8月3日(水) 【地域別】  【時間順】



戸越公園 居酒屋・定食「やわらぎ」


  戸越公園居酒屋定食「やわらぎ」

 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。

 東京城南地区で大衆居酒屋の宝庫として有名な街は、品川区の大井町駅周辺である。
 大井町駅を起点とする東急大井町線は便利な路線である。大井町駅では京浜東北線とりんかい線、中延駅で都営地下鉄浅草線、旗の台駅で東急池上線、大岡山駅で東急目黒線、自由が丘駅で東横線、二子玉川駅では田園都市線という風に多くの路線と接続、神奈川県高津区の溝の口駅を終点とする東急大井町線は、城南地区でも重要な路線である。大井町線は昭和38年から昭和54年までの16年間、田園都市線の名称を名のっていた時期がある。私が小学生だった頃はその名称であり、とても高級な印象を持ったものである。
 
 大井町線に大井町駅から乗る時、二つ目の戸越公園駅で降りる場合は注意が必要である。後ろから1両目と2両目には乗ってはいけないのである。
 何故なら同駅のホームは短く、大井町よりの2両では扉が開かないのである。戸越公園駅の大井町駅側のホームの端の先には踏切があって、駅に電車が停車している間は、ずっと歩行者も車も待たされることになるのである。
 大井町駅で一番前から2両目で降りると、バリアフリーのスロープがあり、そのままホームから改札を出るようになっている。改札を出ると右手に踏切があり、大井町方面のホームへの改札がある。
 さきほどの改札を出て左手に降りる短い階段がある。そこに線路脇の細い路地がある。路地を左に行くとすぐに古くからある「マーケット」の入口があり、中に少し入ると、マーケットの向う側の車道が見える。その道まで出ると建物の角の部分に今日の目的の店がある。もっと解りやすい行き方もある。さきほどの改札を出て踏切を渡らず目の前の道を左へ行き、すぐの十字路を左に曲がり少し歩けば、左手にお店を発見できる。
 店名は「やわらぎ」である。
 
 外側に向かったサッシにはスダレが全面にかけてあり、そこから入ることは出来ない。マーケット内の路地に面したサッシの戸から入るようになっている。外に自転車が止まっているのは、中にいる常連さんたちのものだろうか。
 中に入ると左手に高いカウンターがあり、男性客の方と小学校低学年くらいのお嬢ちゃんが座っていた。右手の方には、手前に二人席、奥に四人席のテーブルが一つづつある。二人席に男性の方が一人座っていらっしゃる。
 お嬢ちゃんはお店のお子さんであった。席を移動してもらい、四人カウンターの右端に座った。店の中心から全体を見渡すことが出来る席である。
 カウンターの中には、お嬢ちゃんのお母さんとお父さんであろうか。マスターとママさんがいる。
 
 地元話に花が咲いている最中であった。頃合いを見てママさんに生ビール小(350円)をお願いする。ビールと一緒にサービスの御新香が小さな器に出てくる。
 ビールを飲みながら店内を見回す。四人テーブルの向こうの調理場は見えない。その高い位置に飲物や食べ物の短冊が貼ってある。四人テーブルとの間の衝立には手書きのホワイトボードメニュー。その中からカレー春巻(300円)をお願いする。

 テレビではニュースが流れている。悲しいニュースである。左手の常連の方に、お嬢ちゃんが絵を描いてプレゼントする。その常連の方が何か差し入れをされている。さらに、右手の二人テーブルの常連の方はお菓子をお嬢ちゃんにあげていた。

 シューマイ300円の他、冷や奴、キムチ、塩辛、納豆、枝豆、そら豆、ニンニクの丸焼など200円メニューも豊富である。一人客にも優しいお店といえる。

 二杯目はレモンサワー(350円)である。
 ママさんが甘いのと甘くないのがあると教えてくれる。甘くない方を選んだ。
 サワー類は350円。ジョッキで提供される。

 四人テーブル席に次々に男性の常連の方が集まってくる。後から女性の方も来て、店内は一期に賑やかになった。常連の皆さんがお互いに毒舌を飛ばし笑い会っている。
 
 二品目はオムレツ(450円)にした。ケチャップは多めか少なめか聞いてくれたので、少な目でお願いした。オムレツはミートソースが入っているタイプであった。

 午後6時40分から7時20分まで40分ほどの滞在。お勘定は二杯二品で1450円であった。

 カウンターにいたお嬢ちゃんとお客さんの会話が微笑ましい。親子3世代、家族経営の和むお店であった。あくまで常連さんのお店。このコミュニティは大切である。「やわらぎ」という店名そのままのお店であった。
 
 食事メニューが豊富なので、昼間、食事だけで来てみるのも良いと思った。
 しかし、ついつい軽く飲んでしまいそうで心配である。



戸越公園 居酒屋・定食「やわらぎ」
住所 東京都品川区戸越5-19-11 戸越公園駅前ビルC棟
電話 03-6670-9472
定休日 月曜
営業時間 11:00~23:00
交通 東急大井町線戸越公園駅下車徒歩30秒





ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ちょびん様

居酒屋探偵DAITENです。

コメントありがとうございます。
緩い雰囲気が良いです。どこか遠くの小さな町の町中の人が全員来るお店にいる。
そんな不思議な感覚になりました。

今後ともよろしくお願いします。

No title

おはようございます。

いつも参考にさせて頂いてます。
ありがとうございます。

「やわらぎ」さん、いいですね♪
今度、伺ってみようと思います。( ^ ^ )
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる