戸越銀座 戸越銀座バル「NEKO NO HITAI」

居酒屋探偵DAITENの生活 第443回 2011年9月7日(水) 【地域別】  【時間順】



※2011年9月8日 810,000カウント通過。感謝!

戸越銀座 戸越銀座バル「NEKO NO HITAI」

  ~戸越銀座に禁煙・立ち飲みバル開店~

  NEKONOHITAI外観
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 戸越銀座駅から戸越銀座の東の端まで歩いてみた。端までいってみて、途中に3軒ほど気になるお店を発見。
 しかし、時間が足りなかったので今回はどこにも入らず、駅まで再び戻ることにした。行きは左側を注意を向けて歩いていた。帰りは行きと反対側に注意を向けて歩いてみる。第314回で紹介した立ち飲みが出来る唐揚げ専門店「とりあん」が右手向こう角にある十字路まで戻ってきた。
 すると、左角に小さな立て看板を発見した。その看板を見て左に曲がる。戸越銀座駅からくれば右である。路地を入ると右手には2007年春にリニューアルオープンした黒湯の銭湯戸越銀座温泉がある。
 その斜め前に、そのお店はあった。以前、沖縄そばのお店があった場所である。

 戸越銀座バル「NEKO NO HITAI」

 名前がおもしろい。入ってみることにした。右手の入口から入ると左手側にL字カウンターがあるのみ。ざっと見て7人位が立てるスペースであろうか。カウンターの中は調理場。左手奥にIH調理器。奥に冷蔵庫。右手の奥にトイレがある。
 まだ、店内にはお客様はいない。カウンターの中で女性が微笑んでいる。

 まずは、生ビール(500円)をお願いした。1杯目の生ビールは美味い。
 お通し(200円)は、はんぺんとチーズと豆乳をあえたもの。バケットの小片ですくって食べる。
 メニューを眺める。入口を入ってすぐ右の高い位置にある黒板メニューの中からトリッパのトマト煮込み(500円)を選んだ。

 この時は失念していたがトリッパとは牛の胃の一部のこと。確かめてみると、牛の四つある胃袋のうち、第2番目の胃袋のことで、ハチノスと呼ばれるものである。モツの煮込み料理は下処理がたいへんである。美味しくできていた。

 ママさんといろいろとお話をする。私が今日の一人目。
 なんと、9月3日の土曜日開店したばかりだそうである。ちょうど5日目。周辺のお店のことや立ち飲みという業態についてなど、いろいろお話をすることが出来た。

 「立ち飲みが出来ると、椅子があったら毎日来るのになあ、というお客さんがいますけで、それは嘘だから本気にしない方が良いですよ」とお伝えする。

 そうやって、せっかくの立ち飲み店が椅子を置いてしまい、半立ちになり、ただのカウンターの居酒屋になってしまう。そういう様子を何度も見てきた。それは独自性を失うことである。

 2杯目は、グラスワイン(500円)をいただく。スペインのヌヴィアナの赤。
 トマト料理に赤ワインがあう。

 ざっと見て、7人くらいが入れるだろうと書いたけれど、実際には9人が入った日があったそうである。
 年齢の高い立ち飲み好きの方なら知っている用語「ダーク状態」のお話をする。身体を斜めにしてカウンターに向かって、多くの人が立てるようにすることである。昔、人気のあった四人組コーラス・グループ「ダーク・ダックス」がステージで歌う時、身体を斜めにして立ったことからきている。それなら10人は立てるのではないだろうか。
 さらに、知り合い同志ならば、二人がやや斜めに向き合い、二人の間の後ろ側に一人が立つというトライアングル状態を作って、それを5組作れば、15人はいけるのでは? こうなるとギネスブックに乗せるという話になってくる。
 ただし、トイレに行く時は全員が出なければならない。そんな笑い話である。

 実際、第303回で紹介した立ち飲み店で、もっと狭い場所に11人が入っていた時、トイレに行く為、みんなで一度外に出たものである。

 3杯目は、再び生ビール(500円)にする。

 店内が禁煙と聞いて、とても素晴らしいと答えた。灰皿がない。店名の由来であるお店の広さからいって、この場所で煙草を吸うのは、ためらいがあるはずである。
 品川区は、平成15年10月に「品川区歩行喫煙および吸い殻・空き缶等の投げ捨ての防止に関する条例」を施行し、区内全域における歩行喫煙、ポイ捨て防止の啓発活動を進めている。

 「煙草が吸えるなら毎日来るのになあ、というお客さんが来ても、本気にしない方が良いですよ」とお伝えする。自分でも言いながら笑ってしまう。

 次回はゴルゴンゾーラのペンネ(900円)を食べてみたい。因みに私はペンネ好きである。
 
 男性の方が来訪、続いて、カップルの方々がいらっしゃった。小さなお店では長居は無用である。
 帰ることにしよう。

 午後7時から7時45分までの滞在。お勘定は2,200円であった。

 土曜日にでも昼から商店街を散策、第257回で紹介した焼鳥「エビス」で焼き鳥をつまみに1杯だけ飲んでからワインを飲みに来るのもよい。
 
 戸越銀座商店街の一角に、禁煙立ち飲みバルが出来たということが素晴らしい。
 後は、戸越銀座の地域性とのすり合わせである。
 

  ※  ※  ※

  戸越銀座フォトカノン

 帰り道にフォトカノンというお店があった。
 まったくそのようには見えないのだけれど写真屋さんである。

 さらに、並びには、日本香堂直営店「香ぎゃらりぃ 香粋(こいき)」が出来ている。

 戸越銀座には、最近ちょっと面白い店が増えている。



 

  NEKONOHITAI看板

戸越銀座 戸越銀座バル「NEKO NO HITAI」
住所 東京都品川区戸越2-5-1
電話 ---
営業時間 平日17:00~23:00/土日15:00~23:00
定休日 火曜日
交通 東急池上線戸越銀座駅徒歩5分・都営浅草線戸越駅徒歩3分




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ダークダックス

居酒屋探偵DAITENです。

> 先日はご来店いただきましてありがとうございました。
> ダークダックスのお話を聞いてからいつか実現したい!と思っていました。笑
> 先日9名様が店内にいらっしゃる中、扉を開けて『外テーブルなら3人
> 大丈夫?』と常連さんが…。
> 店内のお客様が、『中に入れますよ』と言ってくださりツメツメになって念願のダークダックスに☆
> お店も一体感が出て楽しいひと時でした。

そうですか、ダークダックス状態で12名、それは素晴らしい合唱隊実現ですね

> またお店に遊びにいらしてください!
> お待ちしております。

恐縮です。
またうかがいます。

ダークダックス

先日はご来店いただきましてありがとうございました。
ダークダックスのお話を聞いてからいつか実現したい!と思っていました。笑
先日9名様が店内にいらっしゃる中、扉を開けて『外テーブルなら3人
大丈夫?』と常連さんが…。
店内のお客様が、『中に入れますよ』と言ってくださりツメツメになって念願のダークダックスに☆
お店も一体感が出て楽しいひと時でした。
またお店に遊びにいらしてください!
お待ちしております。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる