池袋 やきとん・やきとり「豊田屋・1号店」

居酒屋探偵DAITENの生活 第444回 2011年9月10日(土) 【地域別】  【時間順】





池袋 やきとん・やきとり「豊田屋・1号店」


  池袋豊田屋1号店外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 東京の繁華街で「昼酒」を楽しむなら、開いている店を探し回るよりも、迷わず電車に乗って池袋に行くのが良いかもしれない。
 土曜日の午後3時半、池袋駅近くでの仕事を終えたSAKURAと待ち合わせたのは、池袋駅西口のロータリーであった。
 向かったのは池袋駅の北側に広がる歓楽街である。西口ロータリーの北の端の車道を渡ると、すぐ目の前の比較的広い道に入り、西一番街中央通りと書かれたアーケードをくぐる。左手には「池袋演芸場」が地下にあるビルがあった。「池袋演芸場」は、1990年から3年間は改築の為に休んでいたそうである。私がこちらの街にお世話になっていた時代とは違い、すっかり建て替えられてきれいになってしまっていた。

 隣の桝本ビルは、1階に入っている桝本屋酒店さんの持ちビル。のぞいてみれば、すでに立ち飲みカウンターには、たくさんの皆さんが立って飲まれている様子。
 「入ってみる?」とSAKURA。最近は角打にも女性は多いので問題は無いけれど、座って飲みたいと思っていたので通り過ぎた。次の十字路を右に曲がると、右手の2軒目に有名な「豊田屋・1号店」があった。こちらに入ることを決めておいて、次の十字路を左に曲がり、二つ目の十字路の左手前角に、立呑亭帆立屋を発見。こちらは24時間営業とのこと。ちゃんと営業中の札が出ている。
 角を左に曲がる。左手の2軒目には、さきほどの豊田屋の系列、「豊田屋・2号店」があり、斜め向こう、右手に「豊田屋・3号店」がある。1号から3号までどのお店も4時開店である。
 さきほどの立呑亭帆立屋の角を右に行けば、次の広い通りに出た角にも角打「三兵酒店」がある。
 前述の桝本屋酒店に行き、三兵酒店に移動、さらに、池袋東口側の豊島区役所近くにある「笹屋」で完結するという角打三軒梯子ツアーも楽しそうである。

 「豊田屋・1号店」に戻ると、外観をしみじみと見る。お店の上の赤い地に黒い文字の豊田屋の看板が目立つ。店名の左に「やきとん」、右に「やき鳥」とある。
 二間間口のお店の幅いっぱいに掛けられた暖簾の竿は少ししなっていた。紺色の地に白い抜き文字で「豊田屋」と書かれたその暖簾の店名の左には「やきとん、やきとり」、右端には「一号店」とある。この暖簾の汚れ具合がお店の歴史を示している。
 ガラスサッシの戸は四枚、右端と左から二枚目が入口になっている。右から二枚目はビールケースや生ビールの立看板があるので入れない。よりによって、SAKURAは左端の一枚を開けてしまった。
 すると、お店の中から
 「そこに入口はこちらって書いてあるのになあ、みんな間違って入ってきちゃうんだから・・・」
 と大将の冗談めかした言葉で迎えられる。
 左端の戸を入ると目の前は急な階段があって入りにくいのである。一度閉めて、左から二枚目の戸を開けて入った。
 「このあいだなんか、そこから出ようとする人もいるんだから・・・出られないよねえ」と、ビールケースが積み上げてある場所の戸を指して笑う。

 カウンター前の椅子と階段の途中に大きな猫が座っていた。椅子の猫は階段の方へ自分から移動。猫の座っていた席に座った。
 左奥から右にかけてのL字カウンター。カウンターの中にはさきほどの強面の大将が一人。カウンターの右端で先客の方がホッピーを飲んでいらっしゃる。

 まずは、サッポロの瓶ビール大瓶(570円)とグラスを二つ。赤星である。
 焼き物は、たん(130円)、かしら(130円)、れば(130円)を各2本。いわゆる「2本縛り」である。

 突然、マスターがカウンターの角の部分の天井から下げられたマイクを手にとって、プロレスの「リング・アナウンス」昔の「パチンコ店」の店内放送のように、「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ」と言う。すると、男性客の方が入ってこられ、カウンターの左手奥に座った。そして、ホッピーセットの黒を頼んだ。ホッピーは中が270円、外が150円である。セットは420円であろうか。

 れんこん包みあげ(300円)を頼む。

 階段の途中で猫二匹がおとなしく並んで座っている。ちょうど我々と顔が合う。2匹とも目を細めて眠そうだ。
 「君は眠そうだねえ」と猫に声をかける。あくびをする。肉の焼ける美味しそうな香りがしていてもまったく何も反応しない。
 「日常ですから・・・」と猫が言っているように思えた。

 焼き物がやってきた。普通より長めの串にささっていて大ぶりである。美味しい。
 れもんハイ(250円)を頼んだ。

 右端の先客の方がお勘定をされた。

 「ありがとうございました」リングアナウンスが入る。この声は店外にも聞こえるようになっている。帰りがけ外の換気扇の下にスピーカーを発見した。

  池袋豊田屋1号店スピーカー ←「換気扇の下にスピーカー」

 さらに、生酒(670円)を追加。

 男性の方、男女二人連れと席がうまってゆく。その度に「リングアナウンス」である。だんだんに店内が盛り上がってゆく。

 男性が外からのぞいた。後ろに女性の姿。すかさず、マスターがマイクをとる。
 「いらっしゃいませ~」
 男女二人連れの方が入ってこられ、私達の右隣に座った。
 男性が「呼ばれちゃったから入ってきちゃったよ」とのこと。
 大将が「のぞいたから、声かけたんですよ、道ばたの人にはいいませんよ」と切り返す。
 
 メニューを見て、女性の方が「御惣菜コーナーで買うくらいに安いわねえ」とおっしゃる。

 こちらのお店では、鳥なんこつをかっぱと呼ぶ、他の方々が食べているのを見て食べたくなった。1本190円。
 
 満席に近い状態になった。開店は4時であるが実際には、ずいぶん前から開けていたようである。

 お勘定をお願いする。3時45分から4時30分まで45分の滞在。二人で2,700円であった。

 店を出る。外のスピーカーからリングアナウンスが聞こえた。

 「はい、ありがとうございました。ありがとうございましたあ~。」

 酒も入り、元気が出てきた。隣町まで歩いてみることにする。そして、また発見をしたのだった。

 
 (つづく)

 






  池袋豊田屋1号店看板

 
池袋 やきとん・やきとり「豊田屋・1号店」
住所 東京都豊島区西池袋1-34-5
電話 03-3985-8415
営業時間 16:00~23:30
定休日 日曜日
交通 JR池袋駅北口改札より徒歩3分




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 池袋~椎名町

バッカス様

居酒屋探偵DAITENこと新岳大典です。

> ここはある意味ハクのあるオヤジが良いペースで飲ませてくれる店ですね。
> 手が塞がっていると女性(たぶん奥さん)が代わりにマイクを握るのには笑えます(笑
>
> しかし、DAITENさんにブクロ記事を書いてもらうと、何故か読み込んでしまいますよ。(池袋の酒場を書いているブロガーは数知れずですが)

バッカスさんにこのように言っていただけると光栄です。
ありがとうございます。

> そして、その後に来ている椎名町もまた、自分がカネの無い学生時代を過ごした土地でして。。。
> 貧乏人向けの声が筒抜けの木造アパートに住んで、その隣は夫婦+4人兄弟の家族だったのを覚えてます。
> 相手は朝晩うるさくて、こちらは夜から夜中にうるさくて(笑
>
> この土地での贅沢は、正ちゃんからさほど離れていない魚がし寿司での昼飲みでした(^^

実は、カミさん(SAKURA)の弟子だった東大出身の俳優がいて、その友人の東大の若者たちが、
池袋モンパルナスに憧れて、数人で椎名町界隈の古いアパートに住んだことがありました。
「夢」を語り合う彼等の様子を少し遠くから見ていました。

城南地区ではない街をもっと歩いて取材をして、書いてゆきたいと思っています。
よろしくお願いします。

池袋~椎名町

ここはある意味ハクのあるオヤジが良いペースで飲ませてくれる店ですね。
手が塞がっていると女性(たぶん奥さん)が代わりにマイクを握るのには笑えます(笑

しかし、DAITENさんにブクロ記事を書いてもらうと、何故か読み込んでしまいますよ。(池袋の酒場を書いているブロガーは数知れずですが)

そして、その後に来ている椎名町もまた、自分がカネの無い学生時代を過ごした土地でして。。。
貧乏人向けの声が筒抜けの木造アパートに住んで、その隣は夫婦+4人兄弟の家族だったのを覚えてます。
相手は朝晩うるさくて、こちらは夜から夜中にうるさくて(笑

この土地での贅沢は、正ちゃんからさほど離れていない魚がし寿司での昼飲みでした(^^

お酒はよいですね

たろう様

居酒屋探偵DAITENです。

城南地区にもまだまだ良いお店がたくさんありますよね。
グルメマスコミや出版社から何故か無視され続けている
東京城南地区と、川崎、鶴見、横浜。

でも、我々の宝物としてとっておくのも良いかもしれません。

追記

ただ、日本酒のグラスを三種類選べるので、卑しくも大きいのを選んだのでかなり量ありました(笑)大きさ無関係で擦り切り入れてくれます。中にはめちゃくちゃ小さなおちょこがありました。
あれはどうなるのかは謎です。質が変わるのかなと…
大きいグラスでも大吟醸擦り切りでかなり酔っ払いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる