スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新丸子 もつやき処「立ち呑み番長」

居酒屋探偵DAITENの生活 第447回 2011年9月18日(日) 【地域別】  【時間順】



※2011年9月21日 820,000カウント通過。感謝!

新丸子 もつやき処「立ち呑み番長」

  
  もつやき処「立ち呑み番長」外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 BAR「OVAL」Mマスターと歩く、日曜昼間の梯子酒ツアー。その2軒目を探す為、突然思いついた行き先は、Mマスターがかつてお店をもっておられた街、川崎市の新丸子である。

 前回のお店を出て、千鳥町駅から再び池上線に乗り蒲田駅へ向かう。蒲田駅には、4本の線路が並んでいる。改札から見て右側の2本が池上線、左側の2本が東急多摩川線である。
 池上線を降りてみると、ちょうど多摩川駅行の東急多摩川線が入ってきた。急いで飛び乗り、終点の多摩川駅を目指す。東急多摩川線は全長5.6キロ、駅数は7駅の短い線である。ゆえに、わずか10分で多摩川駅に到着。多摩川駅では東急多摩川線は地下ホームになっている。そこからエスカレーターを使い、地上2階の部分を走っている東急東横線へ乗り換えることが出来るのだ。
 東急東横線に乗り横浜方面へ。次の新丸子駅では降りず、まずは一つ横浜寄りの駅、武蔵小杉に降り立った。
 当然、Mマスターも馴染みの街である。東急東横線武蔵小杉駅南口から出て、まずは、目の前のセンターロード小杉に入る。

 センターロード小杉 ←センターロード小杉

 そこには、右手に第354回で紹介した割烹「こすぎ」があった。手前の路地を右に曲がり、さらに右手に曲がると、現在東急東横線の西側、JR南武線の南側の場所に建設中の高層ビルの工事現場が見えた。完成すれば、東横線武蔵小杉駅と一体となった高層ビルとなる。

 高層ビルの脇には、有名店の居酒屋の支店があり、ラーメン店などもある。そこから南武線の線路沿いに出て、ガード脇の道を西へ。一時的に仮店舗に移転しているアイリッシュバー・マッキャンズの位置を確認する。
 そこから、北へ向かい、南武線の武蔵小杉駅北側を通る道を渡り、武蔵小杉タワープレイズの前を通ってから左折、スポーツクラブ東急オアシスの前を右に曲がりまっすぐ行く。そこには、ちょっと変わったお店、第5回で紹介した居酒屋「まるみ」があった。新丸子に詳しいMマスターもよく知っている店である。このお店の前の本当に細い路地を抜けて、東横線のガードの西側に出た。左に曲がり、少しゆくと、Mマスターが目的の店として考えていたもつやき処「立ち呑み番長」があった。しかし、日曜日の開店時間午後4時までまだ時間があった。ちょっと声をかけて、後で来ることにする。
 それから、二人で新丸子の街のおさらいである。第425回で紹介したもつ焼き「けんもつ屋」の前を通り、川崎フロンターレ後援会の事務所を発見。

 川崎フロンターレ後援会事務所 ←川崎フロンターレ後援会事務所

 第396回でも紹介した「三ちゃん食堂」の脇の十字路を左に曲がって、Mマスターの師匠のお店を訪問してみる。まだ時間が早いのでもちろん開店前。ちょっと御挨拶をしただけである。
 「三ちゃん食堂」の前を通って、左に曲がり、黒湯銭湯丸子温泉の角を右へ。東横線のガード下をくぐり、何度か角を曲がって、第424回で訪問したやきとり「おしどり」の前を通る。この後、新丸子周辺のMマスターが御存知のお店を何軒も教えてもらい、いろいろと地元情報を聞いた。ネットで書くような内容ではないのでここには記さないことにする。
 前から知っていた街も、違う人の視点で案内してもらうと実に面白い。盛り場というのは、やはり興味深い場所である。

 再び、東急東横線のガード下をくぐってもつやき処「立ち呑み番長」の前まで戻ってきた。
 小さな店である。丈の短い藍色の暖簾には「ホルモン番長」と書いてある。店の前に置いてある手書き黒板には、「元祖ホルモン番長の姉妹店立ち呑み番長と申します」と書いてあった。さらに、「ホルモン番長」は、近くの居酒屋「味のしんや」のお店であると、Mマスターから教えていただいた。入口の上に掲げられた看板は、映画「男はつらいよ」のペンキ看板に似せたものになっている(下写真)。まさに、あちらこちらにある昭和レトロ系酒場の典型である。
 開け放たれた入口を入ると、右手に奥行きの短い立ち呑みL字カウンター。カウンター前には8人ほど立てばいっぱいかもしれない。左手の奥の方に立った。

 まずは、番長ハイボール(400円)を2杯注文。今日2回目の乾杯である。
 注文したのは、ポテトサラダ(200円)と、上州豚ホルモンのカテゴリーから番長ホルモン(400円)である。ねぎ塩バター味と書いてある。
 ポテトサラダがすぐに出てきた。カウンターの中の男性に、割り箸の在処を聞いてみる。
 「カウンターの下の引き出しにあります」
 カウンターの下の部分が引き出しになっていて、その中に割り箸や爪楊枝が入っていた。
 「おお、面白いですね~」
 「狭いんで、すいません」
 ポテトサラダが美味しかった。ジャガイモの食感が残っているポテトサラダは私好みである。
 番長ホルモンも美味しかった。ねぎ塩バター味という言葉だけで惹かれてしまう自分がいる。太るはずである。

 やがて、女性の方が買い物を済ませて帰ってこられ、男性と交代でカウンターの中に入った。こちらのお店は、すでに何度もネットで紹介されており、若い女性が一人でやっているという情報は知っていた。
 
 二人ともずいぶん歩いたので、喉が渇いているのか、すぐにハイボールを飲み終えてしまった。
 Mマスターが壁を指さした。
 「ホッピー始めましたって書いてありますよ」
 確かに「ホッピー始めました350円」と書いてある。
 「おお、それでは、ホッピー黒を氷り無しでお願いします」と女性に伝える。
 「それじゃ、僕も氷りなしで・・・」とMマスター
 すると、我々の並びにいたさきほどのお店の男性が「通ですねえ」とおっしゃる。
 「いえ、通ってことはないんですけど・・・」
 自分にとっては普通であることが・・・何やら気恥ずかしい。

 三品目は黒毛和牛ホルモンというカテゴリーからレバ(550円)。
 このレバが美味かった。

 トイレに入ってみる。Mマスターと私の二人がともに知っているお店、東急多摩川線矢口渡立ち呑み「さこちゃん」と同じようなハイタンクのトイレである。しかし、こちらは懐かしい陶器製のものではない。新しいタイプの陶器ではないものである。

 Mマスターは、ホッピー用に中焼酎(100円)を追加。
 私は、ホッピーセット(350円)氷無しの「白」を頼んだ。久しぶりに、ホッピーを楽しむことが出来たような気がする。

 午後4時から午後5時30分まで1時間半ほどの滞在。お勘定は2人で3,100円であった。

 新丸子駅まで歩いて行く。祭の日である為であろうか、Mマスターの知り合いの方々と何度も会う。新丸子駅から二人で目黒線に乗った。今日は、まるで聞き込みに歩く二人組の刑事のようであった。Mマスターの足の速さにも驚いた。また、聞き込みに歩きたいと思う。

 ここで、稽古場帰りの役者たちからメールが入り、祐天寺まで行くことになった。Mマスターは地元のお祭りへ行くとのこと。田園調布駅で停車した電車の中でMマスターとお別れである。
 東横線に乗り換え、祐天寺駅で下車、先ほどの武蔵小杉の割烹「こすぎ」と同系列のお店、第253回で書いた大衆割烹「大樽」祐天寺店で待つ、SAKURAGAI蓮池奈緒と合流することになったのである。

  ※  ※  ※

 追記

 東急東横線の新丸子駅と武蔵小杉駅の間は本当に近い。東急電鉄公式サイトで見ると駅間は500メートルとなっている。「立ち呑み番長」さんも実際には武蔵小杉駅寄りにあるので、武蔵小杉のお店として認識されている方も多いと思う。しかし、私として住所表記通り、新丸子のお店に加えることにした。

 


  もつやき処「立ち呑み番長」看板

新丸子 もつやき処「立ち呑み番長」
住所 神奈川県川崎市中原区新丸子町915
電話 044-711-5553
営業時間 月曜~土曜/17:00~23:00 日曜16:00~23:00
定休日 火曜日
交通 東急東横線新丸子駅西口徒歩3分/東急東横線武蔵小杉駅北口徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【新丸子】 もつやき処 立ち呑み番長♪

夜は、涼しくなりましたね。 少しづつ、秋の気配が感じられます。   さてさて、たまには新規開拓を。。。 いつも、元祖と蒲田付近だけじゃ飽きちゃいますよね。^^;   そんなこんで、東横線のガードを新丸子駅から武蔵小杉駅に向かう途中のこ?...

【新丸子】 もつやき処 立ち呑み番長♪

夜は、涼しくなりましたね。 少しづつ、秋の気配が感じられます。   さてさて、たまには新規開拓を。。。 いつも、元祖と蒲田付近だけじゃ飽きちゃいますよね。^^;   そんなこんで、東横線のガードを新丸子駅から武蔵小杉駅に向かう途中のこ?...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

コメントありがとうございます。

> DAITEN様
> 今、流行りの昭和レトロ調です。
> ここは、チェーン店系の立ち飲みの様ですね。

昭和レトロ調、増えましたね。あまりに増えて、最近は飽きてしまったような。
ここはチェーン店といっても地域限定チェーンですね。

> 店内も結構、こだわってますよね。
> 「ゆでたん」が美味しかったですよ。
> トラバさせていただきました~

了解しました。

No title

DAITEN様
今、流行りの昭和レトロ調です。
ここは、チェーン店系の立ち飲みの様ですね。
店内も結構、こだわってますよね。
「ゆでたん」が美味しかったですよ。
トラバさせていただきました~
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。