川崎 味処「陣屋」仲見世店

居酒屋探偵DAITENの生活 第448回 2011年9月22日(木) 【地域別】  【時間順】





川崎 味処「陣屋」仲見世店

  
  川崎陣屋外観

 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。



 川崎駅東口にやってきた。ちょっと来ない間に街はどんどん変貌してゆく。川崎まちづくり局のページを見ると、平成18年4月に策定された「川崎駅周辺総合整備計画」が平成23年3月26日に完成したそうである。東西自由通路がバリアフリー化したり、モニュメントが立ったり、バスターミナルもずいぶんと変わっていた。
 従来、川崎駅東口のバスターミナルは、地下街アゼリアから階段で上がる「バス島」が7つもあって、乗り換えが難しく、高齢者や身体の不自由な人には利用が難しいバスターミナルだった。それが、北側と南側の2つの「バス島」に集約され、東口駅前から歩いて、2つの「バス島」の間まで伸びる歩道を歩き、そこから横断歩道を渡ってゆくことが出来るようになった。
 なお、北側の「バス島」を羽田空港をイメージして「空島(そらしま)」と呼び、南側の「バス島」を川崎市臨海部をイメージして「海島(うみしま)」と呼ぶそうである。因みに羽田空港行の京浜急行バスは、この「空島(そらしま)」の18番バス停に発着するようである。

 今日は、川崎駅東口のエスカレーター下で、親友のRAM元帥と待ち合わせである。
 さっそく、地下に降りて、地下街アゼリアを通り抜けた。
 地上に出ると、東口駅前からはじまり、アーケード商店街の銀柳街通りと交叉してから第一京浜まで続く長い飲食店街に入った。川崎駅前仲見世通商店街である。
 この商店街の真ん中過ぎの左手に今日の目的の店があった。味処「陣屋」仲見世店である。
 
 こちらのお店の本体は川崎市大島にある総合食肉卸株式会社まつみ食品である。直営飲食店として、居酒屋「陣屋」仲見世店居酒屋「陣屋」大島店があり、他に焼肉「陣屋」も大島で開業されている。

 明るく派手な「酒道場陣屋」の文字が入口の上でまぶしく輝いている。その下には「陣屋」と書かれた小さめの提灯が6つ程並び、入口の左右に同じく「陣屋」と書かれた大きめの赤提灯が二つかかっている。その赤提灯に「ニラモヤシ玉子」とでっかく書いてあるのが面白い。名物料理だから提灯に書いてあるのだろうか。炒め物なのであろうか。ニラ玉にモヤシが入っているのか。

 縄のれんを左右にわけてガラス戸をあけ中に入る。左手に調理場があり、調理場を3方向から囲むようにカウンターがある。昔流行った「炉端焼き」のカウンターを思い出した。右手手前と奥の方にあわせて10個ほどのテーブル席がある。全体の席数は70席とのこと。

 調理場を囲むようなカウンターの奥側の角辺りに、RAM元帥と並んで座った。
 まずは、RAM元帥生ビール中(500円)、私は生ビール小(420円)を頼む。
 生ビールで乾杯の後、メニューを見る。やはり、肉の卸店のお店だけあって、焼き物の安さには驚かされた。
 焼き物は基本的には3本180円からである。つまり、1本60円だ。タン3本(180円)、カシラ3本(180円)、シロ3本(180円)、豚なんこつ3本(180円)を頼む。
 さらに、ツナサラダ(420円)、若鶏の唐揚(420円)、イカ刺し(420円)を追加した。最近は少し控えているとはいえ、やはり健啖家のRAM元帥である。
 RAM元帥の勢いにおされ、ニラモヤシ玉子のことは、この時点ですっかり忘れてしまったのである。
 一期に頼み、それを食べ、飲み、話す。まさに体育会系である。

 お互いの様々な状況、様々な問題点を語り合った。彼のようにお互いの仕事のことをきちんと話せる友人がいてくれることが何よりも頼もしい。様々な年代、様々な職業の多くの友人たちがいてくれることが何よりも私の財産であると思う。
 何の為に酒を飲むのか、人と話をする為である。そして、人と出会う為である。新しい出会いを求めて、新しい酒場を探し続ける小さな旅。それが「居酒屋探偵daitenの生活」の本来のコンセプトなのである。

 二杯目は酎ハイジョッキ(450円)をニ杯。
 これをゆっくり飲みながら、つまみをいただく。どれも量が多め。たくさん来てしまった焼き物を食べる。
 鳥、もつ、ツナ、イカとタンパク質を多くとっている。野菜もちゃんと食べて、疲れをとる日であった。

 午後7時45分から8時45分まで1時間の滞在。文中の単価は税抜価格。御勘定は二人で4,240円であった。

 外に出て、再び赤提灯を見る。「ニラモヤシ玉子」を頼んでみなかったことを思い出した。

 さて、川崎駅に再び向かうことにした。川崎駅からJR京浜東北線に乗って、RAM元帥を違う街へと案内するため南下しようと思ったのである。私の周辺の友人たちは歩くのが好きな人が多いので、居酒屋探偵としては助かるのである。RAM元帥もまたその一人。やはり、面白い出会いを求めるなら「足」である。
 
 (つづく)


  川崎陣屋看板

川崎 味処「陣屋」仲見世店
住所 神奈川県川崎市川崎区東田町3-1 小玉ビル 1F
電話 044-244-8929
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休
交通 JR川崎駅徒歩5分/京浜急行京急川崎駅徒歩6分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる