矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第463回 2011年12月11日(日) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2011年12月21日 880,000カウント通過。感謝!

※2014年より もつ家「大西」矢口店として再出発

矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」

  ~ 「ぎんしゃりにかけて食べたい煮込み汁」 ~

  矢口渡「煙」外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 日曜日の夕方、東急多摩川線の矢口渡駅周辺を歩いてみた。
 矢口渡駅の多摩川方面の改札を出て、踏切を渡らず左手へ歩いて行くと、右手に曲がる道がありT字路になっている。そこを過ぎて、道幅の広い四つ角を過ぎて、狭い四つ角を過ぎ、次の広い四つ角にさしかかった。その四つ角に立ち、左に曲がる。すると、真新しいアクリル看板が右手に見えてきた。照明に照らされた小さなメニューもある。緑色のテントの下に紺色の暖簾。暖簾には何も書いていない。テントに「串焼き・煮込み」とあり、その下に「煙」の文字、その文字の上にイラストで渦巻き状の煙らしきものが描いてあった。外のアクリル看板にも描いてあるこの「煙のイラスト」が可愛いのである。(写真)
 
 串焼きと煮込みをメインとした居酒屋さんのようである。 
 薄手の暖簾をくぐって、引き戸を開け、中に入る。
 左手には8人くらいが座れる一直線のカウンター。カウンターの中には「大将」と呼ぶにはまだ若い、マスターが1人で静かに仕事をされている。店内にはまだお客様はいらっしゃらない。
 右手にはテーブル席があり、カウンターを過ぎた奥には座敷もある。店内にはテレビも置いていない。店内はとても静かである。
  
 定番のメニューを眺めていると、飲み物の中にホッピーの文字を発見。開店時からホッピーをちゃんと置いているに違いない。そこで、ホッピーセット(400円)を氷無しでお願いする。すると、白と黒のどちらにするかを聞いてくれる。両方置いてあるのはうれしい。
 突き出しは、かぶの梅酢漬け。最初に梅酢を口にすると、食欲が刺激されるのだ。

 やはり、まずは看板商品の煮込み(400円)を頼む。
 さらに、もう一つの看板である串焼きの中から、もも(100円)、なんこつ(120円)、ぼんぢり(120円)、かしら(100円)をお願いする。
 縛りはなく、1本から頼めるのが一人で飲み歩く人間にとっては助かるのである。
 ももタレでお願いして、残りはにした。
 
 煮込みがまず最初に出てきた。根菜類も入っており、モツも美味しく煮込まれている。
 奥の方に置いてある手書きメニューの中に煮込豆腐(700円)というものもあった。豆腐を煮込みの鍋の中で少し煮てから引き上げて出すのであろうか。他にもなかなか凝ったメニューがある。やはり若い人の感覚だ。次回は食べてみたいと思う。

 ホッピーをすぐに飲んでしまい、2杯目は定番のレモンサワー(350円)にする。
 最初に出されたなんこつぼんぢりには洋辛子が添えてある。次に出てきた、かしらにはワサビが添えてある。タレのももも別の皿に乗せて出してくれる。安い値段なのに高級店のように出してくれるのだ。あたりまえと思われる方もいらっしゃると思うが、たった5本で3枚の皿である。洗い物が増えてしまうのだ。
 焼き物は、すべて美味しくいただいた。塩加減もよい。

 居酒屋さんに来て必ず食べてみたい定番料理、ポテトサラダ(300円)を頼む。ジャガイモの形が残ったポテトサラダである。また、酢がきいているのは私好みである。

 具を食べてしまった煮込みの汁を眺める。
 いろいろと健康を示す数値が不安になってしまっている世代の気持ちを代弁して川柳を一句。

 「ぎんしゃりにかけて食べたい煮込み汁」

 残りのレモンサワーを飲み干して、お勘定をお願いする。

 「このお店には再訪するに違いない」と、そう思えるお店であった。

 開店の午後5時から午後5時50分まで50分ほどの滞在。御勘定は1,890円であった。

 外に出た。少し離れてからお店の姿を見ようと振り返る。すると、私の後を追って外に出てきた店主がそこに立ち、深々と頭を下げてくれた。軽く手をあげてから立ち去る。辺りはすっかり暗くなっていた。

 
    ※   ※   ※

 追記 2012.7.3

 その後、なんどもお邪魔している。めずらしく焼酎ボトルのキープなどしてしまっている。
 数人の友人と来たり、SAKURAと二人で来たこともある。

 この日も一人でぶらりと寄った。座れば、黙っていても焼酎二階堂のボトルを出してくれる。

 ホッピーの外を1本と冷えたジョッキも出てくる。これで、今日も3冷ホッピーを飲むことが出来る。

 おまかせ五本(550円)を食べた。
 なんこつ(120円)、せせり(120円)、ぼんじり(120円)、きも(120円)、手羽先(150円)の630円分が550円で食べることが出来る。お得である。

 さらに、のどぶえ(150円)、はつもと(150円)

 ガツ酢(400円)は、きゅうりとガツのアンサンブルが素晴らしい。

 焼き物を美味しくいただき、今日も静かで充実した時をいただいた。


    ※   ※   ※

 追記 2013.3.13

 本当に時々うかがっている。静かに飲ませていただいている。

 この日は6時半頃に入れた。

 午後5時から6時30分までやっているタイムサービス。
 生ビール500円が350円。安い。しかも、最近のチェーン店のガラスが厚くて中身が少ないジョッキとは違う、ちゃんとした量が入った生。

矢口渡「煙」

 この日もおまかせ5本セット(550円)である。豚はつ砂肝なんこつももつくねの5本。

 生ビールの後は、キープボトルにホッピー外(200円)。

 生ビールのジョッキのままで良いとお伝えする。

 しかし、マスターが「味が変わっちゃいますから・・・」と言って新しい冷えたジョッキを出してくれた。

 納豆オムレツ(450円)を頼む。実は、納豆オムレツ好きなのである。

 店内写真は撮影しない主義でありながら、この日はあまりに美しい納豆オムレツだったので、ついつい撮影してしまった。

矢口渡「煙」

 静かに、ひとりきりで時を楽しむ。ありがたいことである。




  矢口渡「煙」看板

矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」
住 所 東京都大田区多摩川1-32-3 プライム多摩川1-D
電 話 03-3750-4044
定休日 月曜休
営業時間 17:00~24:00
交通 東急多摩川線矢口渡駅徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

かずみん様

居酒屋探偵DAITENです。
コメントありがとうございます。
こちらのマスターは、実に細やかに対応してくれますね。
また、あのカウンターでホッピーと焼き鳥をいただきたくなりました。
今後ともありがとうございます。

大将がいい

きょう煙に半年ぶりにお邪魔してきました。家から少し離れているのですが「おいしい焼き鳥を食べたい」で思い出しました。記憶のとおり、どの焼き鳥もおいしく、大将のサービスも良かったです。ご親切に新品の傘を貸してくれました。またお邪魔します。

Re: タイトルなし

はまちゃん様

居酒屋探偵DAITENです。

> またまた新しいお店ですね。
> 煮込みと串焼き、ポテサラにホッピーなんて聞いただけで行ってみたくなっちゃいました。
> 自分もぷらぷらしてますが結構発見ありますよね。

比較的新しいお店です。やはり、足で探すのが一番ですね。
家に帰ってきてからGoogleで見てみると、他のお店の写真が写っていました。
煮込み、串焼き、ポテサラ・・・定番があって、新しいセンスも光る、そんなお店です。
新しいセンスばかり追って、定番のものを大切にしない・・・そんなお店が多い中で貴重な存在です。

またまた新しいお店ですね。
煮込みと串焼き、ポテサラにホッピーなんて聞いただけで行ってみたくなっちゃいました。
自分もぷらぷらしてますが結構発見ありますよね。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる