FC2ブログ

御嶽山 焼き鳥「寿有里」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第472回 2012年2月27日(月) 【地域別】  【時間順】



※2012年2月29日 920,000カウント通過。感謝!

御嶽山 焼き鳥「寿有里」 第2回

   御嶽山寿有里外観
 
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 忙しい日々が続いているというのに、その忙しい中、何軒も梯子をすることはないとしても毎日のように飲んでいる。
 向かったのは東京池上線の御嶽山駅のすぐ近くにあるやきとり「寿有里」さんである。
 前回紹介したのは第223回の記事、日付は2009年6月3日(水)である。紹介店200軒目のお店であった。

 手作りのカウンター席が5席ほどしかない小さなお店である。壁際にも棚のようなカウンターがあって、混み合う場合は立って飲むことも出来る。
 カウンターには男性が二人座っておられた。カウンターの中には、前回いらっしゃった女将さんはおらず、ハンチングをかぶったマスターがおられる。大将という感じではない、ダンディーな御高齢のマスターである。
 お二人の男性客の背後は狭い。少し前にかがんでいただいて通り抜け、一番奥の席に座った。
 まずは、ハイボール(400円)を頼み、もも肉(100円)2本とつくね(90円)を1本を焼いていただく。
 ハンチングの似合うマスターと少し話すことが出来た。
 
 前回、「開店以来四年目になりますが、おかげさまで一日も「お茶っぴき」は無かったんですよ。」とおっしゃっていた女将さんがいらっしゃらない。
 因みに「お茶っぴき」とは「お茶を挽く」ということ。お座敷がかからず芸者がヒマなことを意味する言葉で、江戸吉原が発祥らしい。そんな粋な言葉を使われた女将さんがいないのが淋しい。
 女将さんは去年の「3.11」以降はお店に出なくなっているとのことであった。

 マスターは78歳とのこと。私が出会った居酒屋の大将の中でも一番の御年配かもしれない。
 この日、私もハンチングをかぶっていた。しかし、マスターの方がもっとよく似合う。私などまだまだである。
 
 二つ目の食べ物は、味噌こんにゃく(250円)である。
 お隣の男性客お二人は別々にいらっしゃった様子。珍しく政治的議論になっている。これもまた居酒屋の話題である。。
 ハイリキ(350円)をいただく。ハイリキ一本がついてくるので、実質サワー二杯を飲める。

 「マスターに質問してもいいですか?」と言ってみる。
 「どうぞ・・・」と笑顔のマスター。
 「実は何年も前から時々来てるのですが・・・お店の名前の読み方をずっと聞きたくて・・・」
 「ユウリと読むんですよ、ユウリはフランス語でネズミのことなんです」
 
 30年前に、久が原で「ユウリ」という名前の喫茶店を経営されていたそうなのである。
 現在は、隣の久が原から御嶽山に移り、「寿有里」と書いて「ユウリ」と読む焼き鳥店になったのだ。
 ちょっと調べてみると、フランス語の表記は「Une souris」、読みをカタカナで表現すると「ユヌ スゥリ」である。それが「ユウリ」となったのだ。

 テレビを見たり、隣の男性客の方とゆっくりと話をしながら、思いの外長居をしてしまった。ハイリキを1本追加したのか、2本追加したのか解らなくなってしまった。ゆえに合計金額を記述できない。申しわけないことである。
 それだけ、疲れ切った心と体を癒すことが出来たのかもしれない。

 ハンチングのマスターに挨拶をして外に出ると、御嶽山駅から池上線に乗った。




御嶽山 焼き鳥「寿有里」
住所 東京都大田区北嶺町31-1
電話 03-3728-7222
定休日 日曜日(営業する場合も多いとのこと)
営業時間 15:00~21:00
交通 東急池上線御嶽山駅下車徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
御嶽山

Comments 2

新岳大典

Re: ご無沙汰です。

はまちゃん様

居酒屋探偵DAITENです。

> ここは最寄り駅だけに是非とも来店したい所ですが
> 自分が覗くといつも満席。

満席に見えて、右側の壁際カウンタに強行立ちのみも可能です。

> ふら~と入って呑んで帰る、いつも呑んでる川崎や蒲田とは
> 一味違う体験ができそうです。

地元の方しかいらっしゃいません。ちょっと覚悟が必要ですね。
オーバル雪が谷にもいらっしゃったことは聞いてます。
今は、自由が丘オーバルになってます。


はまちゃん@立ち飲み部長

ご無沙汰です。

ここは最寄り駅だけに是非とも来店したい所ですが
自分が覗くといつも満席。
ふら~と入って呑んで帰る、いつも呑んでる川崎や蒲田とは
一味違う体験ができそうです。