蒲田 やきとん「豚番長」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第481回 2012年5月2日(水) 【地域別】  【時間順】



※2012年5月3日 960,000カウント通過。感謝!


蒲田 やきとん「豚番長」  第2回




   蒲田豚番長

  
   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 いつもの年よりも日数が少なくなってしまった、ちょっと残念な「ゴールデンウィーク」の真ん中、5月2日の水曜日である。蒲田に行ってみた。東急池上線と多摩川線の蒲田駅脇の「立ち飲みストリート」と呼んでもおかしくないほど、立ち飲み店が並んでいる通りに足を踏み入れる。第480回で紹介した立ち飲み「炙り安」を右手に見ながら、十字路を過ぎ、立ち飲み処「うなぎ家」立呑処「みつるちゃん」、等の前を過ぎてT字路に出ると、右手向こう角にそのお店はあった。やきとん「豚番長」である。前回紹介したのは、2009年9月16日(水)第262回である。

 午後7時である。この時間帯はいつも混んでいて入りにくいのである。それが今日はカウンターの右端辺りの一画が空いていた。急いで右端の入口から入り込んだ。今日は、マスターである「番長」と、もう一人男性がカウンターの中にいらっしゃる。並びに女性が二人立っておられた。奥の方には数人の男性客の方々。
 来店したのは本当に久しぶりである。まずはなによりも3冷ホッピーが飲みたい。ホッピー氷なし(380円)を頼んだ。

 「白ですか?、黒ですか?」。
 「はい、白でお願いします。」

 やはり、3冷のことで頭がいっぱいで、今日も白か黒かを言わずに頼んでしまったのである。

 待っている間、焼き物を考える。今日はかしらなんこつハツテッポーを各1本。すべて100円である。

 注文をする。
 「塩ですか? タレですか?」と聞かれる。
 ここでまた、塩かタレか言うのを忘れてしまう。

 出来上がった状態で出てきた3冷ホッピーが今日もうまい。

 営業時間を見れば、土曜日、日曜日、祝祭日は正午から開店。土日の昼間から飲むことが出来る店は貴重である。
 店内に「湘南の風」の曲が流れている。こちらのお店の雰囲気にぴったりな曲だ。

 焼き物が次々にやってくる。特にテッポウが美味かった。

 黒ホッピー氷なし(380円)
 一杯目はホッピー瓶が付いていなかった。でも二杯目は瓶をつけてくれた。
 やはり、ホッピーは自分で作りたい。
 そばに、ホッピーの茶色い瓶がいてくれないと、寂しいのである。

 トリハイを濃いめでガンガンいく方。お店の方々と楽しそうに飲んでいらっしゃる。

 メニューの中に、馬刺し(380円)を発見する。珍しく頼む自分に驚いた。

 「馬刺しは、ニンニクとしょうが、どちらにしますか?」と聞かれる。
 「ニンニクでお願いします」と、迷わずに言う自分にも驚く。いつもなら迷うのである。

 若いお店の方に、番長が炭火の使い方を教えている。

 3杯目はトマトハイ(380円)にする。これも好きな一杯である。
 トマトハイは、そろそろ締めて帰るようにという、自分への合図である。

 メニューの中に、スパム寿司(220円)を発見。スパム寿司は、「マヨご飯」の好きな世代にはピッタリな一品。

 お客さんとお店の方の会話の中に、東京城南地区から川崎、鶴見のよく知っているお店の名前か次々に出る。

 さて、トマトハイも飲んで、食事も出来たので帰ることにする。
 2,140円である。小銭まて、ピッタリ払えて、実にうれしいのである。

7時から8時までの1時間の滞在。静かにお店を出て帰る。



蒲田 立ち飲み やきとん「豚番長」
住所 東京都大田区西蒲田7-63-6
電話 03-3789-7058
定休日 不定休 
営業時間 平日 16:00~24:00 土日祝 12:00~24:00
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【蒲田 やきとん「豚番長」第2回】

居酒屋探偵DAITENの生活 第481回 2012年5月2日(水) 【地域別】  【時間順】※2012年5月22日 970,000カウント通過。感謝!※2012年5月3日 960,000カウント通過。感謝!蒲田 やきとん「豚番長」  第2回        ←クリックお願いします。  ←クリッ?...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

たろう様

居酒屋探偵DAITENです。

> 今、高知きてまして、ダイテンさんのお友達がおっしゃるように素晴らしいですね。
> 今までで一番好みです。

高知を楽しんでいる様子。うらやましい限りです。

> 若い頃はミーハーでして海外旅行ばかりでアメリカならニューヨーク、ラスベガス、ボストンなどを、ヨーロッパには半年間ウィーンやフランクフルトに住んでいました。

世界を股に掛けてますね。素晴らしい。

> でも、国内が素晴らしいと最近思うようになりました。
> これも酒場放浪記のおかげですね。

本格的な日本全国酒場放浪を楽しんでいる様子。うらやましいかぎりです。

おはようございます。
今、高知きてまして、ダイテンさんのお友達がおっしゃるように素晴らしいですね。
今までで一番好みです。
旅をするとたくさんの人に出会い、また郷土料理や歴史に触れられ、また東京の良さも再確認しますね。
郷土を感じる=今までの当たり前が東京の郷土なんだなと。
当たり前をしらないと当たり前も素晴らしいと再確認しますね。
したがって東京も素晴らしいですね。

若い頃はミーハーでして海外旅行ばかりでアメリカならニューヨーク、ラスベガス、ボストンなどを、ヨーロッパには半年間ウィーンやフランクフルトに住んでいました。
でも、国内が素晴らしいと最近思うようになりました。
これも酒場放浪記のおかげですね。

Re: なるほど。

たろう様

コメントありがとうございます。
「旅をする自由」が得られるようになったら、是非、旅をしたいですね。
ずっと前にニューヨークに行った時も普通の人たちの普通の生活の場を案内してもらいました。
観光地などには、それがどこの国であってもあまり興味がありません。
用意されたもの、マスコミのガイド情報にも興味がありません。
宛もなく歩いてみたいですね。


なるほど。

人の出会いですか。
そうですね。
田舎は、特に沖縄は人が温かかったです。
また、大阪は口は悪くても親切ですね。
行き先がわからなくうろうろしてると、相手から、若い女性からも、なんか迷っていますか?大丈夫ですか?と。
東京は冷たいのは旅するとさらに解りますよ。
人ならなおさら旅してみてください。
おすすめですよ。
旅から何か吸収されます。
何ですかね?
経験と精神の栄養分ですかね?
だから吉田類さんや太田和彦さんは旅したのでしょうね?
芸術的な人は旅おすすめですよ。
モーツァルトやベートーベンも旅しながら作品書いています。
時間的なら静岡おすすめです。
簡単に日帰りできるんで。
見えない栄養分と地区の温もりや出会いが旅にはあります。
もちろん都会の出会いも素晴らしいですが、バランスですかね?
多分。

Re: こんばんは

たろう様

居酒屋探偵DAITENです。

> 旅して気がついたのは都内の酒場をそれなりに巡っている方は長距離の旅に出た方が簡単に名店に出合えると感じました。全くの未開拓地の方が手っ取り早です。暇なとき是非とも旅をしてみてください。居酒屋探偵の旅の記事楽しみに待ってます。

何もかもが崩壊してゆく都会よりも、味わいあるものが温存されている地方の方が、望んでいるものに出会えるのは当然ですね。
ただ、都会で、何かが崩壊してゆくその過程に出会うのもまた一興です。何の為に居酒屋巡りをするのか、それはあるイメージの古典酒場を探すことではないような気がしています。人に出会うことです。

しかし、是非、許されるなら、消えて仕舞わないうちに行ってみたいところはたくさんあります。


こんばんは

あれから沖縄と先日のコメントで北海道の話題が出たのて、札幌、小樽と酒場放浪してきました。
すすきの凄い賑わいでした。
中洲「福岡」は屋台の面白さはありますが、すすきのを放浪したら影が薄くなりましたね。
酒場放浪記の新札幌「魚鮮」すすきの「五醍」「一徹」小樽「らく天」「わか松」と全て行ってきました。また吉田類の港町小樽めぐりも巡り、すすきのでは太田和彦氏のオススメのバーと吉田類さんプライベートでいく居酒屋伏見も巡りました。
しかしながら旅行としたら沖縄が異国情緒でディープなため一番面白かったです。しかし、食べ物や酒場となると個人的にはあんまりでした。「沖縄料理苦手なんです」
1日は高知放浪します。
旅して気がついたのは都内の酒場をそれなりに巡っている方は長距離の旅に出た方が簡単に名店に出合えると感じました。全くの未開拓地の方が手っ取り早です。暇なとき是非とも旅をしてみてください。居酒屋探偵の旅の記事楽しみに待ってます。
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる