FC2ブログ

居酒屋探偵DAITENの「アート録」Vol.3 「立ち飲みで座って飲んで良いのは俳優大滝秀治だけである・・・合掌」

居酒屋探偵DAITENの「アート録」Vol.3



立ち飲みで座って飲んで良いのは
俳優大滝秀治だけである・・・合掌。


 俳優の大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが亡くなった。

 舞台、映画、ドラマと幅広く活躍、名脇役として有名な俳優の大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが10月2日、午後3時17分に肺扁平上皮がんのため、都内の自宅で死去された。87歳。
 高倉健さんと共演した、8月公開の映画「あなたへ」が遺作となった。

 ここ数日、テレビのニュースショーでは大滝さんが亡くなったことを伝えている。
 
 1950年、故・宇野重吉さんらの劇団民藝に研究生として参加し、すぐに劇団員となった。
 宇野さんから「オマエの声は壊れたハーモニカのような不協和音だ。役者になるのを考えたらどうか」と言われたという話は有名である。
 劇団の裏方をつとめた後、小さな役から俳優となり、努力が実って1970年に舞台「審判」で「紀伊國屋演劇賞」を受賞。この時、すでに45歳になっていたそうである。
 その後は劇団民藝の看板俳優として舞台に立ち続けた。
 「お葬式」(1984年)、「たんぽぽ」(1985年)、「マルサの女」(1987年)「あげまん」(1990年)、「ミンボーの女」(1992年)などの伊丹十三監督作品では、いつも楽しませてもらった。


 
 しかし、居酒屋ファンの間では、庶民的な酒場を愛する「酒場の達人」としても有名であった。
 もっとも好きだったお店は、2009年12月28日(月)第297回で私も紹介している、渋谷の大衆立呑酒場「富士屋本店」である。

 芝居一筋の大滝さんにとって、唯一の楽しみがお酒を飲むこととのこと。
 亡くなる前日も御家族と一緒に食卓を囲み、お酒を飲んでおられたそうである。

 「富士屋本店」に大滝さんが来られた時のエピソードがテレビで紹介されていた。
 あまり、混んでいない時間にきて、いつも決まった場所に立ち、ごく普通に周囲に溶け込んで静かに飲んでおられたそうである。
 
 そして、こんな大滝さんの言葉も紹介されていた。

 「おごると、偉そうになる。おごられると、卑屈になる。だから、自分の金で飲む。」

 「『自信』の上には『おごり』があり、『謙虚』の下には『卑屈』がある」

 その味わいある声と演技と人柄が大好きだった。

 幼い時の中耳炎右耳が聞こえなかった。
 肺結核で左肺を切除されていた。
 そして、肺ガンで逝かれた。
 亡くなった日にも「台本」を手放さなかった。

 最後まで、演技と戦った人だった。

 御高齢となって弱られてからは、本来、立ち飲み店である富士屋本店でも、お店の方が身体を気づかって椅子を出したとのこと。

 「立ち飲みで座って飲んで良いのは俳優大滝秀治だけである。」

 そんな言葉が頭に浮かんだ。

 ゆっくり座って飲んで下さい・・・大滝さん。

 合掌。

Comments 0