FC2ブログ

多摩川 若鳥焼「鳥久」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第496回 2012年10月28日(日)   【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



多摩川 若鳥焼「鳥久」 第2回



  多摩川若鳥焼鳥久外観

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 前回向ヶ丘遊園駅近くのお店を出て、向ヶ丘遊園駅から小田急線に乗ったMマスターと私は、登戸駅で南武線に乗り換えた。
 この時点では、途中の南武線の駅で降りて、どこか新しいお店に行く案もあった。SAKURAからメールも入り、目的地を東横線沿線に変更することにした。

 Mマスターと二人、武蔵小杉駅で南武線を降りて改札を出る。一度、東急東横線の改札方面に歩き始めた。
 そこで、あるお店が閉店したようだと私が話すと、Mマスターは興味を示され、確認の為に武蔵小杉から新丸子まで歩いてみることにした。
 外は小雨が降っていた。傘を差して歩き始める。すぐに、閉店情報は私の勘違いであることが解った。周辺を散策した後、SAKURAとメールでやりとりしながら次のお店を決め、新丸子駅から東急東横線に乗って多摩川を渡り、隣の多摩川駅で降りた。

 多摩川駅は、東急東横線東京メトロ日比谷線みなとみらい線が乗り入れ)、目黒線東京メトロ南北線都営三田線が乗り入れ)、そして、東急多摩川線という思えば7路線のターミナル駅である。
 さらに、2013年3月には東急東横線副都心線とつながり、その先の東武東上線西武有楽町線西武池袋線との利便性がすすむのである。
 そんな利便性が高い駅でありながら、東の田園調布せせらぎ公園と西の多摩川台公園の二つの大きな公園に挟まれた狭小地であり、駅前の商店街は10軒ほどと地味で、日々の食品を買える店は駅構内のコンビニだけである。
 田園調布せせらぎ公園の場所は、元々多摩川園という小さな遊園地だった。城南地区で育った人と話をすると、この多摩川園のことが話題になることがある。因みに閉園したのは1979年とのこと。

 改札を出る。正面のガード下の通路をまっすぐ進む。外に出ると雨が強くなっていた。右側だけに商店が並ぶ商店街がある。多摩川駅から多摩川を渡って南西へ向かう横浜駅に至る東横線と、多摩川に沿って南下、蒲田駅に至る多摩川線との間の小さな丘の上に立つ多摩川浅間神社の東側下に商店が張り付くように並んでいる。そこは、もしかしたら神社から借り受けている土地なのかもしれない。
 その商店街の途中に、目的の店、若鳥焼「鳥久」がある。今回に2回目の訪問。
 前回、紹介したのは、2010年10月23日である。
 その後も散歩帰りの午後4時頃に何度か訪問。夕食前でもあり、少しのつまみで軽く飲ませてもらっていた。

 雨脚はさらに強くなっていた。傘をたたみ、追われるように店内に入り込む。
 右手にはカウンター席が6席。左手には小上がりがあり、奥は座敷になっている。小上がりには手前から四人席、六人席、四人席と続き、それに続いた座敷には四人席が二つと二人席が一つある。
 手前の席に家族連れの皆さんが座っている。中央辺りの四人席でSAKURAが待っていた。

 入口辺りに傘立てがない。傘立てを置く場所がないようだ。
 ママさんに「傘は奥へお願いしますね」と言われるまま、奥にすすみ、右に曲がり、そこにあった扉を開けて建物の外に出て、左に曲がり、一番奥に別に建てられたトイレ脇の傘立てに傘を入れた。
 
 席に戻ると、先に頼んであったキリンラガー大瓶(680円)にグラスを追加して、さっそく3人で乾杯する。
 こちらは若鳥焼のお店である。
 ねぎま3本(330円)、つくね3本(330円)手羽先3本(420円)、鳥なんこつ3本(420円)と一期に頼んだ。こちらのお店のやきとりは3本単位である。我々も3人なのでちょうど良いのである。

 私は鳥肉好きなので客観的になれないかもしれないけれど、焼き物はどれも美味しかった。

 玉ねぎスライス(380円)、鳥煮込(500円)等も頼む。玉ねぎスライスと煮込を一緒に食べるとうまい。
 
 3人でいろいろとお話をする。Mマスターも子供の頃、ここにあった多摩川園に遊びに来たそうであった。川崎生まれの私も小学生の頃に両親と来たことを覚えている。
 多摩川園には、コーヒーカップ、トランポリン、観覧車、柔らかい球のバズーカ砲、ウイスキーの樽のような車体のジェットコースターがあったそうである。また、ウォーターシュートがあったことをSAKURAが覚えていた。
 さらに、多摩川園といえば、当時有名だったのは「お化け屋敷」である。

 少し、寒くなってきたので高千代二合熱燗(850円)に切り替えた。
 
 休日の夕方、本格的に焼き鳥をいただき、改めてこちらのお店が美味しいお店であることを再確認したのであった。

 御勘定をお願いする。3人で5,200円。

 午後5時15分から午後6時15分まで1時間の滞在。

 (了)


 
  多摩川若鳥焼鳥久看板

多摩川 若鳥焼「鳥久」
住所 東京都大田区田園調布1丁目55-7
電話 03-3721-1891
定休日 第2・第3火曜日
営業時間 月曜から土曜は16:00~24:00。日曜祝日は15:00~23:00。
交通 東急東横線・東急目黒線・東急多摩川線多摩川駅下車徒歩3分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」
多摩川

Comments 0