川崎 立ち飲み「天下」新店舗 第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第498回 2012年11月24日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


※2012年12月6日 1,070,000カウント通過。感謝!

※第500回まであと2回

川崎 立ち飲み「天下」 新店舗 第3回


  川崎立ち飲み「天下」

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→


 川崎駅西口に久しぶりに行った。

 生まれ故郷である。
 生まれた場所に・・・また、立ってみた。
 すぐそばの床屋さんに入った。

 思い出す。

 小学校に入ってすぐ、床屋さんに行きたいと騒いでいるうちに、我が家の梯子のような急な階段から落ちた。
 下で待っていたのはコンクリートの床。
 何故か救急車が出動されず、パトカーで病院に運ばれた。
 頭蓋骨にヒビが入っていた。

 死にかけた。

 「動けば死ぬ」と言われ、動かずに我慢をした。

 おかげ様で、今、生きている。死にかけた場所の近くに立っている。
   


 私の生まれた川崎駅西口側と東口側をつなぐ自由通路のうち、駅の西側にある歩道橋を使って、西口側から東口側に行こうとした。
 ふと、歩道橋の上から下を見ると、取り壊し中の建物が見えた。

 川崎駅西口駅前廃墟

 JR東日本の「旧変電所」だった。私が子供の頃からあったはずの建物である。
 解体されつつあるその建物は、私にはあまりにも無惨で悲しい姿に見えた。

 
 急いで、歩道橋を渡り、JR川崎駅東口側に渡った。駅前では、若い男性ばかりのグループがダンスを踊りながら歌っていた。
 ますます、いたたまれなくなり、急いでその前を通り過ぎ、馴染みの立ち飲み店を目指した。
 JR川崎駅東口前から京急川崎駅前を通り過ぎ、砂子一丁目の交差点を過ぎて、次の十字路で左に曲がった。
 次のT字路、その先の十字路と過ぎて、次の十字路の方に向かうと、手前右手にいつもの店がある。

 立ち飲み「天下」である。

 店内に入る。左手のL字カウンター。その左端に先客の方が一人立つ。その先に二人。右手の壁際に入口近くから奥にかけてあるカウンターの側にも男性が二人立っている。
 全員が店の奥を向いて立っているのは、このお店の特徴である。皆さん、一番奥の高い位置のテレビを見ているのだった。

 入ってすぐ、マスターが私に気づいてくれる。
 
 「まいど、どうも、いらっしゃいませ」という笑顔のマスターの声が響く、わずかに先客の皆さんがこちらを見る。

 財布の中から千円札を出して手に持つ。こちらは品物とお金を交換する販売形態である。
 最初に頼んだのは、中生ビール(380円)である。
 ところがちょうどビールが終わってしまった、マスターがタンクを付け替える。

 「すいません」と何度も言いながら、マスターが生ビールを注ぎ、手渡してくれた。
  あい変わらず律儀なマスターである。
 同時に、ポテトサラダ(240円)も頼む。

 店の奥の液晶テレビでは、競馬中継である。
 後で調べてみると、テレビ東京「ウイニング競馬」のようである。
 私の並びに立つ男性客はラジオのイヤホンを耳に入れ、テレビの画面を見ながら、時折、手に持っている競馬新聞に目を通されている。
 1レースが終わった。すると、一人の方が帰られた。

 店内は静かである。競馬放送を見ているのに誰も騒ぐことはない。
 駅の向こうのラゾーナ川崎の喧騒が嘘のようである。

 壁に貼ってある休みや営業時間の紙を見ると、定休日祭日のみになっていた。日曜日に営業してくれるのはうれしい。

 御高齢の男性、中高年のカップルが入ってこられる。

 2杯目は、チューハイ(300円)。
 つまみは、衣かつぎ(240円)。
 大ぶりの衣かつぎが四個、店内に入ってすぐに目をつけていたものである。

 ポテトサラダ、衣かつぎ・・・考えてみれば芋類ばかり食べている自分がいる。
 午後4時、次のレースが始まった。アナウンサーの声が店内に響く。しかし、静かである。

 ここで、女将さんが登場された。

 お店を出る人がいると、律儀にマスターが送ってくださる。
 
 「いつもすいません、ありがとうございます」

 と、言われ、外に出た。

 店の並びに、前回は建設中だった建物が出来ていた。川崎市の駐輪場があった。

 その前に立ててある「登り」の文字が駐輪場ではなく、競輪場に見えた。

 午後3時20分から午後4時まで40分の滞在。支払ったのは1160円。安い。


 床屋さんに行きたいと騒いでいるうちに、我が家の階段下で死にかけた。
 床屋さんの漫画が読みたかったのだ。
 そのことを噂で聞いた床屋さんの御主人が漫画をたくさんくれた。

 しばらくすると、何故か漫画が嫌いになり、小説ばかり読む子供になっていた。
 

 (了)


 


川崎 立ち飲み「天下」 新店舗
住所 神奈川県川崎市川崎区宮本町2-4
電話 ?
定休日 祝日
営業時間 平日14:00~22:00 土曜14:00~21:00
交通 京浜急行京急川崎駅徒歩5分・JR川崎駅徒歩8分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる