黄金町 居酒屋「みゆき」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第512回 2013年3月24日(日) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



黄金町 居酒屋「みゆき」

  ~ 恐いほどに美しき桜 ~

 

  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→



 京浜急行黄金町駅近くを流れる大岡川にかかる太田橋周辺は桜の名所である。
 濱也耕誠氏yousaku氏と3人で、橋の周辺を歩きながら花見をした後、前回の記事に書いた焼き鳥店で楽しく飲んで、さらに、濱也耕誠氏秘密基地で、ベルギービール等を飲みながら氏の弾くピアノを聞かせてもらった。
 
 しかし、忙しい濱也耕誠氏は午後8時頃には行かなければならないところがあるということで、それまでの間、氏の秘密基地的な居酒屋さんに少し行くことになった。

 場所は前回のお店から歩いて30秒の場所である。
 黄金町駅から太田橋を渡り、川沿いの道を渡ると右手に、前回のお店があり、その先すぐの右角にビルが建っている。右に曲がると右手に看板があった。

 

 居酒屋「みゆき」である。この看板を見ながらビルに入ってゆく。階段を数段あがると目の前にエレベーターがある。エレベーターに乗り3階に上がる。
 エレベーターから出ると、左手に曇りガラスの入った格子扉があった。扉の脇には「おふくろの味」と書かれたのぼりがある。これがなければ飲食店とは解らないに違いない。濱也耕誠氏が扉の把手を手前にひいて、中に入って行く。
 はじめて、こちらのお店に来た時は戸惑った覚えがある。知る人ぞ知る、まさに、常連の店といえる。

 暗めの入口とは違い、中は明るい。右手の入口付近から奥までカウンターが続いていて、奥で左に折れている。L字の外側が調理場になっていて、内側に客が座る「逆L字カウンター」である。席数は10席。客の座る側、中央辺りには、テーブル席がいくつかおけるような空間が空いている。左手側は座敷席でそこに四人掛けの座卓。窮屈な感じがまったくせず、気持ちよくいられるのが良い。
 
 まずは、濱也耕誠氏がカウンターの中の笑顔の女将さんに声をかけ、頼んだのは生ビール(500円)である。
 yousaku氏ウイスキーのハイボール(450円)、私は生レモンサワー(400円)からはじめた。お通しは肉じゃがである。

 すでに、焼き鳥や煮込みなど食べている。しかし、お二人とも食欲旺盛。メンチカツ(400円)を2皿と、カジキバター(400円)を1皿頼んだ。

 飲みながら、また、お酒二合(900円)とお猪口ももらう。

 私の2杯目は生茶ハイ(400円)。めひかり(300円)もいただいた。

 さきほどの濱也耕誠氏のピアノ演奏の話をする。有名なある曲に歌詞をつけて替え歌をつくる話などをする。出来れば面白いかもしれない。

 私の3杯目は、締めの一杯と決めているトマトハイ(400円)である。
 やはり、読者の皆さんになるべく様々な飲物を紹介したいと思っているので、次々に違う飲物を頼んでしまうのである。
 大規模店舗の方は特に感じられないに違いない。しかし、小さいお店の方々には、面倒な客に見えるに違いない。ちょっと、申し訳ないといつも思うのである。

 時はどんどん過ぎてゆく。濱也耕誠氏とのお別れの時間が近づいてきた。

 午後6時30分から7時45分まで1時間15分ほどの滞在。御勘定は3人で5,900円であった。

 「秘密基地的」等と書いたけれど、実際には、とても落ち着く「家庭的」な料理のお店である。

    ※   ※   ※

 お店を出て、太田橋の辺りで濱也耕誠氏と別れたyousaku氏と私は黄金町駅から電車に乗ることをやめ、横浜駅に一つ近い日ノ出町駅まで歩くことにした。

 太田橋から大岡川の左岸を歩いてゆくことにする。デジタル男爵ことyousaku氏がデジカメで撮影をはじめた。私もiPhoneを持ってついて行く。
 太田橋の上から下流の末吉橋方面を望む。遠く川面に映る提灯の列が美しい。



 薄明るい提灯の光の下を歩いてゆく。かつての古い建物はリニューアルされ、変わってゆく過程の中にあった。ギャラリーやライブハウスまでが存在する新しい街ができつつある。

 そして、路地を入って写真を撮影してみた。この場所にどんな人々が住み、どんな生活をしてきたのだろうか。



 
 古い建物の中に若者たちが好むようなBARが出来ていた。そのBARの外壁の灯りが美しかった。



 そして、さらに歩いてゆく。大岡川の右岸側に夜店の灯りが見える。川にせり出すように咲く桜を撮影してみた。桜の花が塊となってそこにある。淡い灯りの中に浮かぶそれは、まるで「血まみれの肉片」のように、私には見えた。

 恐いほどに美しい桜である。



 この辺りでyousaku氏が参加されている横浜の劇団の方々に偶然出会ったり、道端で呑んでおられるグループの中にyousaku氏のお知り合いの女性の方がいらっしゃったり、実に奇遇なことが続いた。
 恐いほどに美しい桜の花の下、興味深い時間を楽しむことが出来た。

 これからこの界隈を歩くことが多くなるに違いない。

 近々にまた呑むことを約束して、京浜急行の電車の中でyousaku氏と別れた。

 
 (了)



 
 
黄金町 居酒屋「みゆき」
住所 神奈川県横浜市中区末吉町4-68-301
電話 045-252-9223
営業時間 17:30~25:30
定休日 月曜
交通 京浜急行黄金町駅下車徒歩2分。


ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる