矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第529回 2013年9月18日(水) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2014年より もつ家「大西」矢口店として再出発

矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」 第2回


  

  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクがあります→



 ここのところ、なかなか新しいお店を探す為の時間が作れないのである。
 時間が無ければ、まっすぐに馴染みのお店に向かい、少しだけ寄ることになる。
 そんなお店の中でも、出来るだけ居酒屋の常連にならないようにしている「居酒屋探偵」の私がボトルキープまでしてしまっている珍しいお店が矢口渡にある。
 矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」さんである。
 前回、きちんと紹介したのは第463回2011年12月11日(日)である。
 その記事に追記もした。そして、ただ独り何度も行ったけれど、何も書かなかった時もあった。
 一人で行く時もあれば、二人やグループで行ったこともある。でも、書かない。書くことが惜しいのである。

 数ヶ月ぶりに、矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」さんに行ってみることにした。

 紺色の暖簾をくぐり、中に入る。左手のカウンター席に男性二人の先客。
 マスターと一緒にカウンターの中にいるお店の女性は初めての人である。

 取っておいてくれているボトルが黙っていても、ちゃんと出てくる。
 季節が変わるほど、間が空いているので申し訳ない。

 「ホッピーでお願いします」と言う。
 冷やしたジョッキと、ホッピー瓶が出てくる。
 今日は黒ホッピーを選んだ。

 また、おまかせ五串(550円)に、のどぶえ(150円)を追加した。

 こちらの「おまかせ五串」は、希少部位の入ったおまかせであり、実にお得である。

 さらに、いつものポテトサラダ(300円)も頼んだ。

 すると、並びの先客の方がおっしゃった。

 「のどぶえあります?」
 「あります」
 「じゃ、二本」

 ここの「のどぶえ」は人気がある。

 二階堂900ミリボトルから冷えたジョッキに焼酎を注ぎ、そこへホッピー瓶から黒ホッピーを注ぐ。
 「うまい」と言葉が口からもれる。

 マスターが目の前の皿に2串置く。
 
 「はつ、と、砂肝ですね」

 柔らかく、焼きぐあいが素晴らしいハツである。
 砂肝は、コリコリ具合がが丁度よい。

 追加にホッピー瓶(外)を頼んだ。
 今度は白
である。

 マスターがやってくる。

 「せせり、おたふくです」

 味はタレ。

 マスターによれば、おたふくとは「胸腺」とのこと。

 せせり、おたふく、ともにうまい。いつも外れは無い。

 良いタイミングでやってくる。

 「皮とのどぶえです」

 「のどぶえ」は、歯ごたえと旨みと弾力を楽しめる一品。
 うまい。

 ここまで、6本食べたことになる。

 さらっとしたタレが良い。

 さらに焼き物を頼む。鶏好きの私は全て「鶏」を頼んだしまう。

 もも(100円)
 つくね(120円)
 なんこつ(120円)

 「ももです。」
 「なんこつです。」
 「つくねです。」

 時間差で、焼けたものから出してくれる。

 すべて丁度良い。

 ニラ入のつくねに山椒をかけてみる。あう。

 真面目そうなお店の女性。今日の店内は静かであった。 
 

 6時45分から7時45分まで1時間の滞在。

 ボトルをやっと飲み切ることができた。
 また、来店するつもりだ。今回は一区切りである。

 お勘定をお願いした。1940円。

 店内側から女性が、調理場側からマスターが出てきて、わざわざ挨拶をして送り出してくれる。
 いつきても同じようにしてくれる。
 よいお店である。



  矢口渡「煙」看板

矢口渡 串焼き・煮込「煙~kemuri~」
住 所 東京都大田区多摩川1-32-3 プライム多摩川1-D
電 話 03-3750-4044
定休日 月曜休
営業時間 17:00~24:00
交通 東急多摩川線矢口渡駅徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる