FC2ブログ

奥沢 やきとり「さいとう」第4回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第530回 2013年9月28日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】



※2013年10月14日 1,210,000カウント通過。感謝!


奥沢 やきとり「さいとう」   第4回


奥沢さいとう


  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 ここのところ昔から馴染みのお店が続いている。
 なかなか新しいお店を開拓する時間が無い為である。
 そんな中、今回は特に長い間が空いてしまったお店を訪問した。
 前回こちらのお店を紹介したのはブログ「橋本健二の居酒屋考現学」の橋本健二先生と御一緒した2008年10月11日(土)第151回であるから実に5年前である。

 多摩川から田園調布、そして奥沢あたりをsakuraと二人で散歩をした帰り、目黒線の奥沢駅前にあるやきとり「さいとう」さんの前に出た。
 やきとり「さいとう」の歴史は長い。創業70数年というからすごい。
 歴史の長い居酒屋さんを紹介する時、「味わいある外観」という言葉をよく使う。まさに、その通りの店構えである。(下写真)
 
 奥沢さいとう

 気温の高い日だったので、入口が開け放たれていた。
 「やきとり」と書かれた白い暖簾をくぐる。
 左手のカウンターも、手前から一列目も二列目も席はいっぱいだった。
 入って、左手の焼き台上で巨大換気扇がうなりをあげている。それでも店内は煙い。
 この換気扇から突き出た黒い排気筒が店の前の壁を登っており、黒く塗られた外壁と一体となっている。
 その外壁に大きく書かれた「やきとりさいとう」の縦書きの白い文字が印象的だ。

 焼き台の前には名物マスターの姿。前より少しスリムになられたようだ。

 「二人なんですけど・・・」と言うと、奥の右手に一つあるテーブルに通された。
 先客の男性二人とお相席である。

 まずは、千福2合(600円)を燗酒にしてもらう。
 散歩しながら缶ビールを飲んでいたので最初から燗酒ということになった。

 焼き物が無くなってしまうので急いで注文することにした。

 鷄つくね団子大和芋入2本(300円)を選ぶ。
 鶏のつくね団子に大和芋が入っているのだ。とにかくうまそうである。「美味しそうね」とsakura。

 他に焼き物は、かしら(100円)、はつ(100円)、なんこつ(100円)を各2本。

 かしらはネギと肉が交互になっていた。うまい。はつなんこつも全部うまい。
 時を経ても、変わらず美味しかった。うれしいことである。
 
 にこみ(300円)を頼み、2本目の千福2合(600円)も頼んだ。

 我々のテーブル席の奥左手に板の間があった。この板の間に四人席の座卓が二つあった。 
 よく見ると分割可能の座卓になっており、いくつかの席に分けることが出来るようになっているようだ。

 焼き物の注文が一段落して、焼き台上の巨大換気扇が止まると、店内は急に静かになった。

 土曜日の午後7時半。店内は落ち着いた雰囲気となる。

 エシャロット(300円)をもらい、残りの酒を飲む。
 頭の芯が酔ってゆく。

 午後6時30分から7時50分まで1時間20分ほどの滞在。
 お勘定は3200円。珍しくうろ覚えだ。
 どうやら酔ってしまったようである。



 第1回紹介 2008年4月19日(土) 第93回
 第2回紹介 2008年9月25日(木) 第143回
 第3回紹介 2008年10月11日(土) 第151回





奥沢 やきとり「さいとう」
(やきとん)
住所 東京都世田谷区奥沢4-27-12
電話 03-3727-6233
定休 日曜日
営業時間 17:00~24:00
東急目黒線奥沢駅北口より徒歩30秒



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
奥沢

Comments 0