大井町 もつ焼き「しげ」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第532回 2013年11月2日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





大井町 もつ焼き「しげ」  第2回


 
  
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 前回のお店を出た後、左へ。帰宅する為に東急大井町線の大井町駅に向かうのである。
 しかし、前回も書いたように「居酒屋中毒」の禁断症状が出てしまっている私は、帰ることが出来ずに、すぐそばのお店に寄ってしまうのであった。名店を出ると、すぐそこに、また名店が存在してしまうのが大井町の凄いところである。

 当時は、現在のように1回に1軒というペースで紹介するのではなく、その日にハシゴした数軒を1回の記事に一緒に書いてしまっていた。ゆえに、前回のお店と同じ記事、2007年9月19日の第41回で紹介したお店、もつ焼き「しげ」である。

 入口の右手に焼き台があり、その前に肉をさばく為の大きなまな板の乗った調理台がある。
 そこで、若い男性が一人、肉を切っておられた。
 
 左側には4人席テーブルが4つほど並んでいる。
 そして、右手に狭いカウンター席が数席あり、その一番奥に男性客が一人。
 他にはどなたもいらっしゃらない。私はカウンターの一番手前端に座らせてもらった。

 お店の方が目の前の肉をすべて冷蔵庫にしまってから私のところにやってこられる。
 まずは、レモンサワー(400円)をお願いする。
 ポテトサラダがお通しであった。目の前の高い位置に年季の入った短冊が貼ってある。

 「ハツモト、ノドモト、ハラミ、ナンコツ、1本づつお願いします」
 「塩とタレはどちらにしますか?」
 「ハラミだけタレでお願いします」

 ハツモトとノドモトは売り切れてしまう場合が多い。早い時間に来るのはやはり良い。
 ハツモト(120円)、ノドモト(120円)、ハラミ(120円)、ナンコツ(110円)と一期に頼む。
 迷いなく頼めるのは私としては珍しい。

 カウンターの前の高い位置にテレビがあり、この後始まる日本シリーズ第6戦、楽天対巨人の話題が放送されていた。

 まず、ハラミからやってくる。このハラミタレ、正解である。

 次に、塩で焼いた3品。
 左からハツモトナンコツノドモト
 どれも一つ一つの肉片が大きい。また、長めの串に刺してあり、食べやすい。

 「プリプリ」という褒め言葉が頭に浮かぶ。
 月並みな表現ではあるけれど、ついつい使ってしまう。
 そして、「うまいなあ」と心の中でつぶやく。

 2杯目を頼む。梅干しサワー(400円)。

 次も4本バラバラに頼んでみた。

 「タン、ハツ、カシラ、ガツ、全部塩でお願いします。」

 次の4種はオーソドックスなものを選んだ。
 
 タン(90円)、ハツ(90円)、カシラ(100円)、ガツ(130円)。

 仕込み中の肉を冷蔵庫にしまってから、私の注文のものを焼いてくれた。

 トイレに立った。お店の一番奥のトイレは以前より新しいものに変わっていた。
 お店全体が古くて味わい深いのは良いと思う。でも、トイレだけは新しく衛生的な方が良い。 

 そのトイレに漫画の切り抜きが貼ってあった。見れば、こちらのお店を紹介した漫画である。

 

 さて、後半の4本をいただく。 

 タンハツカシラガツ
 どれも美味しくて、次々に食べてしまった。

 テレビでは、子供の出産に関するドキュメンタリーを放送していた。
 自分のほんとうの父親を探す医師。
 それを見ながら私は肉を食べている。
 肉は「命」の元、他の生命からもらった「命」である。

 命の肉、八種類を美味しくいただいた。

 次々に常連の方たちが入ってくる。
 皆さん、ケースから自分でおしぼりを出して席へ座る。

 タンハツカシラガツ
 以前から思っていたことだけれど、モツ焼きの部位の名前の短かさが好きである。

 午後5時10分から6時まで50分の滞在。お勘定は1910円であった。

 どなたもテーブル席には座らず、狭いカウンターに並ぶ、男たちの背中が愛らしい。

 満足しきった私は外に出た。

 大井町駅に向かって歩き始めた。並びには、マスコミで取り上げられた、とても有名な「やきとり店」の支店があった。店内は満席、外に並んでいらっしゃる方たちもいる。 
 そこに、並ぶ気持ちにはまったくならない。
 何を食べれば良いのか、何が美味しいのか、考えさせられる瞬間であった。


 (了)

     ※   ※   ※
    
 (追記)

 大井町駅東口側に「しげちゃん」という、別のもつ焼きのお店もあるので御注意のほど。


 

大井町 焼き鳥「しげ」
住所 東京都品川区大井1-1-27
電話 03-3771-2272
定休日 日曜休
営業時間17:00~23:00
交通 東急大井町線大井町駅より徒歩2分/JR京浜東北線大井町駅北口より徒歩3分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる