FC2ブログ

蒲田 やきとん「豚番長」 第4回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第536回 2013年11月30日(土) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】





蒲田 やきとん「豚番長」 第4回

  ~ 土曜日の午後の楽しみ ~

  蒲田豚番長
 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 土曜日の午後である。月末の街はなんとなく慌ただしい。
 昼食は軽く済ませている。夜までの時間はまだ長い。誰かを呼び出すにも時間が早すぎる。
 特に急ぐ用事もない。独りで軽く飲みたくなる。そんな時、助かるお店が蒲田にある。
 平日も16:00から営業しているけれど、土曜は14:00から営業しているのである。
 蒲田の「豚番長」さんである。すでに、過去に3回紹介している。

 角地の四角い土地の角の部分が三角にスパっと切られたような二つ折れ曲がった場所のあるカウンター。
 その両端に、それぞれ先客が一人づつ立っておられた。私は真ん中の当たりに立つ。
 ホッピーセット3冷(380円)をお願いすると、焼酎はホッピージョッキに付けられた2つの星のうち、上の星よりも上まで入っていた。冷えたジョッキの中に入れられた冷えた焼酎に冷えたホッピーを投入する。

 「これは酔うなあ」とつぶやく。

 稀少部位など無い場合も多いので、先に聞くことにする。

 「焼き物は何が食べられますか・・・」
 「今日はまだ入ってないのがあるんです」

 食べたかったチレは無いようだ。

 カシラ(100円)、なんこつ(100円)、テッポウ(100円)を1本づつ頼む。

 こちらのオーナーは様々な業態のお店を出していらっしゃるのだ。店内の常連の方々の話などを聞いていると、さらに何か新しい企画があるらしい。

 2杯目はトリスハイ(310円)にした。濃いめのホッピーで「酔う」と思っているのに、ウイスキーを選んでしまった。

 テッポウは、カミごたえがある。焼き物はいつものように美味しい。
 並びの方の前に置いてあるサラダらしきものが気になった。
 玉子マカロニサラダ(280円)である。
 頼むことにした。
 でたくると、小鉢に山盛りになっていて、崩さず食べるのがたいへんである。写真に撮れないのが残念。
 使われているマカロニはフリージのようである。普通のマカロニより食べやすい。
 途中からは、下に入っているキャベツと混ぜて食べると、味が変わってよい。

 流れる音楽はクレージーケンバンド。応援している球団は横浜とのこと。

 入ってきた方がこうおっしゃった。

 「黒ホッピーの氷のない奴ください」
 
 3冷ホッピーのことである。いいなあと思う。

 SAKURAからメールが入った。蒲田に来ると言う。

 午後2時から3時まで1時間の滞在。お勘定は1,370円であった。

 外に出ると待ち合わせの蒲田駅に向かった。


 (つづく)


第3回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第506回 2013年2月13日(水)
第2回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第481回 2012年5月2日(水)
第1回紹介 居酒屋探偵DAITENの生活 第262回 2009年9月16日(水)


蒲田 立ち飲み やきとん「豚番長」
住所 東京都大田区西蒲田7-63-6
電話 03-3789-7058
定休日 不定休 
営業時間 平日 16:00~24:00 土日祝 14:00~24:00
交通 東急池上線・多摩川線蒲田駅下車徒歩3分。JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩4分。




ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
蒲田

Comments 0