スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居酒屋探偵DAITENの生活 「あえて店名を伏せたまま」第1回 『長寿人生 ~味わい深き酒場にて~』

Life of the izakaya detective DAITEN    【地域別】  【時間順】  【がっかり集】
居酒屋探偵DAITENの生活 「あえて店名を伏せたまま」第1回 『長寿人生 ~味わい深き酒場にて~』




居酒屋探偵DAITENの生活 「あえて店名を伏せたまま」第1回
『長寿人生 ~味わい深き酒場にて~』

 


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 親友と二人、それぞれ仕事が終わった後、軽く飲む約束をした。
 横浜市内のJRと私鉄が隣接する乗り換え駅の近くである。
 店は決まっていなかった。
 美味しい料理をだす店を探しているわけではない、ことさら安い店をみつけようというのでもない。
 静かに二人で話すのにちょうど良い、古い造りの店がいい。
 あまりに汚いのは苦手だけれど、それなりに小綺麗にしていてくれれば充分だ。
 
 夕暮れ時である。でも、陽はまだ高い。
 比較的広い裏通りを歩いていると、角地に硝子戸を開け放った古い居酒屋をみつけた。
 
 風に揺れる暖簾をくぐって入ると、右手に6人ほどが座れるカウンターがあり、左手の小上がり座敷には四人が座れる卓が二つ。小さめの座布団が置かれ、様々な生活雑貨が並んでいる。巨大な業務用マヨネーズのボトルがカウンターに置かれ、あらゆる調味料が並べられていた。
 カウンターの中では、白髪は目立つけれど本来のお歳よりも若さを感じさせる女将さんが笑顔で迎えてくれた。
 カウンターの高い方の段には、料理の載った鉢や大皿が所狭しと並んでいる。鯛のかぶと煮。根菜の煮物。豆アジを揚げたもの。どれも美味しそうだ。
 
 忙しく過ごしている友人の日々のことは前々から聞いていた。
 少し前、その友人の身体に不安な兆候があった。
 その為、彼はしばらく酒を飲まないでいたのである。
 友人がビールの中瓶を手にとり、私のグラスにまずビールを注いでから自分のグラスにも躊躇いがちに注いだ。
 つまみは200円から500円までと表記されているだけで、個別の値段ははっきりしない。
 友人は食べ物を選択することに時間をかけない人であった。それとは逆に私はかなり逡巡してしまうほうである。
 そんな友人が少し考えてからスパゲティサラダ豆アジあげを注文した。
 昼は玄米のおにぎりだけを食べ、油分を含む食べ物を口にしないようにしていたそうである。だから、マヨネーズを使ったサラダや、揚げ物は久しぶりであるという。

 「ビールうまいなあ・・・」と友人。
 「うまいねえ・・・でもプリン体が恐くてねえ・・・」と私。

 身体の不具合の話もまた、居酒屋での親父同士の会話の定番である。
 すると、何かがのせられた皿が2枚、我々の前に突き出された。手を出して受け取る。

 「いただきものなんで・・・どうぞ」と女将さん。

 気づかいの言葉である。出してくれたのは、ソラマメイワシの煮付だ。

 外から涼しい風が入ってくるようになった。すると、風に誘われてきたかのように、常連らしき皆さんが静かに入ってきて、我々の並びに一人また一人とすべり込む。

 酒を常温で頼むことにした。

 「あの、お酒を2本常温でお願いします」と友人。
 「うちはこれなんですよ・・・」と言って、女将さんが見せてくれたのは、魚へんの漢字がたくさん書かれた、いわゆる鮨屋の湯飲みである。

 鮨屋の湯飲みでそうすることはあまりないけれど、互いの湯飲みの飲み口をすこし当て乾杯をしてから飲んだ。からだに酒が染みてゆく。

 「このお店はもう何年たつんですか?」と友人が女将さんに聞く。彼は誰にでも気さくに話しかける。
 「この場所では十二年ですね」と女将さん。

 鮨屋の湯飲みの魚へんの文字を眺めながら、心の中で、「前は鮨屋をやっていたのだろうか」と思う。
  
 次にいかの刺身油揚げ焼きを頼んだ。
 そして、お酒のお代わりも二人分頼んだ。女将さんに返した湯飲みにふたたび酒が注がれる。
 それから、マヨネーズ味のスパゲティサラダを友人がお代わりした。

 「マヨネーズが好きなんだなあ・・・」と思う。

 最初の常連の方が帰られ、違う常連の方が入ってくる。
 そのお客さんの忘れたタバコを女将さんがとってあげていたようだ。笑い声があがり、会話が弾む。

 女将さんが鯛の兜の中に入っていた、「鯛の鯛」を見せてくれた。
  「鯛の鯛」とは硬骨魚の肩帯の骨の一部、肩甲骨と烏口骨が繋がった状態のものである。
 この「鯛の鯛」には、自分でマニュキュアを塗るそうだ。
 それは、とても美しく光っていた。

 トイレに立った。湯飲みから酒を一口飲む友人の後ろ姿が目に入る。

 和式便器の便所の壁に手拭いが貼ってあった。
 「長寿人生」と書かれている。「長寿の心得」と書かれたものも何度か見たことがある。
 

長寿人生
 人生は山坂多い旅の道

 還暦  六十才でお迎えの来た時は 只今留守と云へ
 古希  七十才でお迎えの来た時は まだまだ早いと云へ
 喜寿  七十七才でお迎えの来た時は せくな老楽これからよと云へ
 傘寿  八十才でお迎えの来た時は なんのまだまだ役に立つと云へ
 米寿  八十八才でお迎えの来た時は もう少しお米を食べてからと云へ
 卒寿  九十才でお迎えの来た時は そう急がずともよいと云へ
 白寿  九十九才でお迎えの来た時は 頃を見てこちらからボツボツ行くと云へ

  気はながく 心はまるく 腹たてず
  口をつつしめば 命ながらえる



 還暦まではまだ時がある。還暦前にお迎えがきてもちゃんと断ることができるだろうか。
 「長寿人生」を読みながら厠で人生について考える。これも酒場の楽しみである。
 席にもどった。友人は女将さんと話していた。

 「独りになってからは・・・こんな感じでやってるんですよ」と女将さん。

 そうおっしゃる女将さんの背後の棚に、女将さんよりすこし若い男性の「遺影」らしき写真が飾ってあった。

 お勘定は二人で3720円。思いの外安い。
 「ありがとうございました」の声におくられ外に出る。
 
 すっかり外は暗くなっていた。
 友人は元気をだしてくれたようだ。
 二人とも少しの酒で気持ちよくなっている。
 友人の甲高い笑い声が耳に残った。

 (了)

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。