FC2ブログ

渋谷「とりすみ」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第55回  2007年12月7日(金)   【地域別】  【時間順】


渋谷「とりすみ」

 SAKURAと、SAPメンバーの創間元哉君と3人で「芝居」を見た帰りである。明朝早く活動しなければならない予定があり、本当は早く帰るつもりであったのだが、渋谷で少しだけ呑みたいということに、やはりなってしまった。

 もう、午後10時半を回っている。時間を短く、軽く呑むのに良い店、しかも帰りを考えて駅のすぐ近くが良い。この条件にぴったりの店はすぐに頭に浮かんだ。京王井の頭線西口改札から徒歩1分。改札を出て左手へ、すぐ目の前の駅脇の道ではなく、二本目の路地を右に入った右側にある。この路地は奥でL字形に右に曲り、すぐに駅脇の道に出るようになっている。京王井の頭線西口改札に近い地域は本当に、「親父たち」の為に残された最後の聖地である。

 店の名前は「とりすみ」という。何回も来たことがあるが、今までブログに書くことがなかった店である。店名が「とりすみ」でも焼き鳥屋ではない。鳥料理に力を入れている訳でもない。名物は缶詰と魚肉ソーセージである。
 中に入ると、右手に四人掛けのテーブルが二つ、どちらも満席である。その奥右手にカウンターがあり、6人ほどが座れるようになっている。さらに奥に三方を壁に囲まれた「小上がり」があり、テーブル一つに5人ほど座れるようになっている。

 カウンターの真ん中に座っていたお客さんが右にずれてくれ、私たち3人はカウンター奥に3人並ぶことが出来た。やはり、ホッピー(510円)を3つ、SAKURAは氷あり、私と創間君は氷ナシでお願いする。やってきたホッピーで乾杯。焼酎とホッピーが冷えている2冷。ちゃんとホッピージョッキであることがうれしい。焼酎の量は上の星印であるから90CCである。価格は510円と高い。私は小さなグラスをもらい、焼酎を半分に減らして1本目のホッピーを投入した。創間君も真似をしている。

 つまみは、大根漬け(280円)、エシャレット(380円)、トマト(330円)をお願いする。
この店はつまみの価格が手頃である。カウンターには缶詰が並んでいる。暖めてもらって食べるのである。店内はやはりサラリーマン率が高かった。
 早い時間は会社帰りに軽く飲むサラリーマンが多い。そして、どこかで飲んだ後、一軒目でかなり飲んでしまい、予算も使ってしまったお父さん、お兄さんが「もう1軒」と言いながら、ふらふらとたどり着く、そんな店である。また、女性の1人客を見かけることも多い。地域性だろうか。

 私は2本目のホッピー(=外)をもらい、残してあったグラスの焼酎(=中)を少しジョッキに入れて、後からホッピーを投入。「外1中2」の逆を行く、「中1外2」である。ホッピーの「味」が好きな私は、「中1外3」とか、さらに「中0外1」なんて飲み方までしてしまう時もある。この飲み方ならば、ホッピーで悪酔いすることは無いのである。また、ホッピービバレッジさんの売上に貢献してしまった(笑)。その様子を見て、創間君も真似をしている。
 さらに、このお店の名物料理。魚肉ソーセージエッグ(400円)を頼んだ。魚肉ソーセージで作った目玉焼きである。これがうまい。たしかに家でも簡単に出来る一品である。缶詰だって、スーパーで買った方が安い。でも、ここで食べるのがうまいのである。そんな店があっても良いのではないだろうか。

 最後に、私と創間君はレモンハイ(380円)を頼んだ。業界の噂話、将来上演したい演目の話、キャスティング等、話は尽きない。「演劇業界」の話にネタは尽きないのである。
 本当は早く帰るつもりが、あっという間に1時間半が過ぎ、午前0時を過ぎてしまった。お勘定をお願いする。3人で4,810円であった。


渋谷 居酒屋「とりすみ」
東京都渋谷区道玄坂2-7-6
電話 03-3464-8220
京王井の頭線渋谷駅徒歩1分
定休日 無休 営業時間18:00~25:00


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こ実力派俳優になりたい人は→ 咲良舎/櫻塾

渋谷

Comments 0