蓮沼 居酒屋「パライソ」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第562回 2014年7月2日(水)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】



 蓮沼 居酒屋「パライソ」 第2回

 ~ まるでオリンピックかワールドカップのように ~


  


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 居酒屋を多く巡っている。しかし、身は一つだ。しかも、若い頃のように、毎日酒場に行ったり、何軒も梯子酒をする体力もない。でも、いつまでも居酒屋でささやかな楽しい一時を過ごしたいと思う。ゆえに、一回行った店に再び行くまでは間があいてしまうのだ。だから、顔を覚えられることは少ない。それは、客観的でいられるという点ではとても良い。

 そんな私を驚かせてくれるお店に再訪した。そのお店は池上線の蓮沼駅の東側徒歩3分の場所にある。
 蓮沼駅の五反田方面の改札を出て踏切を渡り右へ。蒲田方面の改札を出たなら踏切を渡らず右へ。すると、一角に交番のある五叉路がすぐあり、さらに歩くと、大田都税前という信号のある交差点に出る。そこを左に曲がり、二本目の道が半分に狭くなっている右手角に、この特徴的な看板(下写真)が見える。居酒屋「パライソ」さんだ。

  

 この看板以外は典型的な「小料理屋さん」風の地味な外観である。
 ガラス格子の引き戸の左側を開けて中に入る。目の前の横一列のカウンターの中で野球帽をかぶり、眼鏡をかけたマスターが笑顔で迎えてくれる。隣にはママさん。カウンター席は5席、右手の奥に個室がある。カウンターの右端に男女カップルが座っていらっしゃる。

 カウンターの左端に座らせてもらう。左手の壁やカウンターの上の壁など、あちらこちらにメニューが貼ってある。
 今日も私はつまみ選びに迷いに迷うに違いない。
 
 「あの、ホッピーセット白氷無しでお願いします」と私。

 ビアグラスに焼酎が入ったものとホッピー瓶のホッピーセット(450円)が出てくる。ホッピーを飲みながら手元のメニューや壁のメニューを眺め迷う。

 「ポテトサラダお願いします。」と私。
 「はい、ポテトサラダ~」
 と、よく通る声でマスターが復唱する。
 「・・・お客さん、始めてじゃないですよね」
 「はい、何度か来たことあります。」
 「たしか、四年くらい前にいらっしゃいましたよね」
 「はい、そのくらいにはなりますね」
 「たしか、ホッピーを呑まれましたよね」
 「はい、呑みました」
 「カウンターのこちらの辺りに座られましたよね」
 「はい、そうです。すごいですね、よく覚えていらっしゃる・・・」

 たしかに、前回紹介した第386回の時に訪問したのは足かけ四年前の冬であり、マスターの指し示す席で最初にホッピーを呑んだのである。

 「四年もたっちゃって、オリンピックワールドカップみたいですよね」と私。

 男爵ポテトサラダ(340円)はキュウリ、トマトが付いている。ポテトサラダを食べてみれば、そのお店が解ると私は思っている。美味しくいただく。

 前回の時、ホッピーについて、細かく説明をしてしまった為に、覚えてもらっていたのかもしれない。そして、その時にも頼んだニンニクを使わない手作り餃子(300円)も注文する。ママさんの手作りである。

 2杯目はトマト割(370円)を呑みたいと思う。メニューにトマト割トマトサワー(350円)の両方が載っているので安心して頼める。炭酸の入ったトマト味の焼酎サワーをトマト割といっているお店に出会ったことがあるからである。

 ホッピー瓶をカウンターの上へ出す。
 「もう、ホッピーのんじゃったんですかあ?」と笑顔のマスター。
 「ホッピーは一度に全量使ってしまって、とかとかもやらないんで・・・」
 「そうですかあ」
 「トマト割りお願いします」
 「トマトサワーではなくて、割りのほうですね」
 「はい、トマトサワーは苦手な方なので」

 餃子を食べた後、続けて、3品目としてもやし炒め(200円)も頼んだ。
 一人で食べるには量があり、トマト割をどんどん呑んでしまい、続けて、3杯目のチューハイ(300円)を頼んでしまった。今日はすすむ。

 常連の皆さんと大田区の黒湯温泉の話をする。楽しい。さらに、常連らしき男性が入ってこられた。
 4品目はゲソバター(280円)。入店してすぐに頼もうとしてやめていたものである。
 健康を気にして酒を少なくしている。コレステロールが気になる、プリン体が恐い、カロリーの多そうな物は控えたいなどと考えている。
 でも、酒が3杯目をすぎると心のタガがちゃんとはずれるのだ。
 
 4杯目はついに生ビールである。ピルスナーグラス生(440円)。

 マスターの気づかいはすごい。それぞれのお客さんの話題を受け止め、他のお客様にパスをする。場が盛り上がる。
 このままでは、どんどん呑んでしまうので、お勘定をお願いすることにした。
 4杯・4品2,890円であった。今回は呑んで食べてしまった。

 「四年に一回とは言わず、半年に一回くらいお越しくださいませねぇ」とマスターがおっしゃる。
 そう言われても少しも嫌味にならない。
 少し歩いてからふり返る。黄色い看板が遠くからこちらを呼んでいる。
 出来るだけ、早めにまた来よう。

  


蓮沼 居酒屋「パライソ」
住所 東京都大田区西蒲田6-18-18(1F南側)
電話 03-3734-1171
定休日 月曜・木曜休
営業時間 18:00~ 
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩3分。



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる