蒲田 立ち飲み「銀次郎」第2回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第563回 2014年7月9日(水) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 ※2014年7月13日 1,300,000カウント通過。感謝!

 蒲田 立ち飲み「銀次郎」 第2回

 ~ 時間が止まったような場所 ~

 

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 雨が降っていた。
 雨の中、蒲田駅西口側の街を歩く。
 東急池上線ガード脇のバーボンストリート界隈を散策、飲屋街に何か変化がないか一通り目を通す為である。
 それから、駅前に戻ってみた。サンライズ商店街入口前を過ぎて、バスの発着場が並ぶ駅前通りの信号を渡り、バスが進入してくる側の通りをすすむ。そのまま行けば多摩堤通りである。
 その手前の比較的幅の広い通りを左に折れてみる。その左手側に蒲田で最も古いまま現存している立ち飲み店がある。
 蒲田に来た時は、いつも前を通ってみる。
 通るたびに「ずっと、この場所だけまるで時が止まったようだな・・・」と思うのである。

 

 正面入口の上のシャッターはいつも少し下げてある。シャッターと外壁の隙間の空間に冷蔵ケース等が積み重ねてあって、入口の上に黄色い提灯が三つ並んでいる以外は派手なものは何もない。高い位置に立飲み「銀次郎」と書かれたアクリル看板が上がっている。店の前の地面に置かれたアクリル看板は立ち飲み「銀次郎」となっている。この微妙な違いはよくあることだ。

 前回、こちらのお店を紹介したのは2008年8月24日(日)第131回であるから、実に6年前である。   
 初めて入店したのは、どれだけ前だろうか。昔から入店する前に少しの勇気が必要なお店であった。フロアを行ったり来たりしながら接客する親父さんが鋭い眼光で外を見ている時は、通り過ぎてしまう時もあった。今日こそは、また入ってみようと思う。
 入口に暖簾は無い。前回は下がっていた古びた縄暖簾も今はない。
 開け放たれた入口を入ってゆく。左手の壁には入口から奥まで長い壁カウンターがある。そこには10人位が立てるであろうか。正面右手、奥側にL字カウンターがあり、そこにも10人ほどが立てる。そのすぐ手前には高い立ち呑みテーブルがあり、その回りには4人ほど先客の皆さんがいらっしゃった。
 
 左手の壁カウンターの奥に近いほうに立った。財布から千円札を出して目の前に置く。そして目の前の壁を見る。
  「どなた様にも限らず現金でお願いいたします。」 「恐れ入れますが前金でお願いします。」という貼り紙は前と同じである。
 眼光鋭い親父さんにハイサワー(350円)をお願いする。
 こちらのお店は飲物や品物が来たら、目の前に置いた前金からとってもらい、お釣りを返してもらうシステムである。
 背後のグループの方のお一人が器を持って私のところに来られた。器の中身は川エビである。
 「どうぞ」とおっしゃる。いきなりの川エビである。
 「ありがとうございます」と言って数匹手にとった。
 ふり返って、皆さんの方に会釈する。

 次に、エシャレット(350円)を頼む。エシャレットは7本。1本50円である。
 皆さんの会話の中身はギャンブルのお話。いらっしゃっているのは男性のみ。完璧な親父酒場である。
 蒲田で最もディープな酒場である。
 また、グループの中の同じ方がこられて、今度は「小アジ唐揚げ」をくださった。面白い。
 もしかしたら、グループではなく、それぞれ別にいらして一緒に飲んでいる方々かもしれない。

 店内を見回す、カウンターの中のキッチンの高い位置に千円札をたくさん差した熊手がある。これは前と同じである。
 何も変わりがない店内の中で、大きく違う物を発見した。それは新品の大型冷蔵庫である。
 
 2杯目は清酒(350円)にしよう。そして、ツマミはイカの生姜焼き(450円)。シンプルかつ良い酒のツマミである。

 「あの、お酒常温とイカの生姜焼きお願いします」と言う。
 「はい、常温にイカの生姜焼きねえ」と親父さん

 常温の酒を呑みながら店内を見回す。壁に貼られた古い写真の中の親父さんお母さんは若い。
 色の変わった招きネコ。飴色の世界。
 語るべき物語が多すぎる。
 カウンターの中のお母さん。外回りの親父さん
 大将女将と呼ばず、そう呼びたくなる。
 驚くほど店内は変わらない、変わったのは前述の新型大型冷蔵庫だけかもしれない。

 最後に瓶ビール(大瓶)(500円)を頼んだ。
 黙っていてもキリンラガー大瓶が出てくる。
 お客さん親父さんお母さんのやり取りを背中に聴きながら味わい深い時を過ごす居酒屋探偵であった。
 
 「今日は雨でダメだなあ」と親父さんが道の反対側の飲食店の方に声をかける。
 雨はまだ降っている。

 「ごちそうさまでした」と、親父さんお母さんに声をかける。
 そして、川エビ唐揚げ小アジの唐揚げをくださった常連の皆さんの方へ顔を向けた。
 「ありがとうございました」と満面の笑みで礼を言ってから外に出た。
 「どうも~」等と言ってくださる。

 短い間であり泊めてもらってはいないけれど、いわゆる一宿一飯の恩義である。

 この日払った金額は、ハイサワー(350円)、エシャレット(350円)、清酒(350円)、イカの生姜焼き(450円)、瓶ビール(大瓶)(500円)で2,000円ちょうどであった。

 


 立ち飲み銀次郎看板

蒲田 立ち飲み「銀次郎」
住所 東京都大田区西蒲田7-29-3 久保井ビル
電話 03-3731-3086
定休日 ? 営業時間 ? 
交通 JR京浜東北線蒲田・東急池上線・東急多摩川線蒲田駅下車徒歩2分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ありがとうございます。早速、直しておきました。

> 細かいことですが太田区はちょっと…

細かいことですが太田区はちょっと…
FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 王子 十条 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる