矢口渡 食べ処・飲み処「アパッチ食堂」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第564回 2014年7月16日(水)   【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり】


 矢口渡 食べ処・飲み処「アパッチ食堂」

   ~ 隠れた食堂は僕ら酒飲みの砦であった ~

 


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 
 東急多摩川線は多摩川、沼部、鵜の木、下丸子、武蔵新田、矢口渡、蒲田と7つしか駅がない。
 その沿線駅の中でも下丸子、武蔵新田、矢口渡の3駅の辺りは、車窓からよく環状八号線が見える。
 環状八号線と東急多摩川線が平行に走っている状態からクロスする辺り、その立体交差手前に、ずっと気になっていたお店があった。
 東急多摩川線に背を向けて建っているので電車からは見えない。蒲田方面へ向かう場合、環状八号線はお店の先数十メートルから東急多摩川線下へもぐってしまうので、運転者は注意が前方に向かってしまう。反対車線を通った場合もお店の前には歩道橋があり、車道からは影になってよく見えないのである。
 運転免許証がない。車がない。どこへでも電車とバスと徒歩だけで移動しているからこそ出会えたのかもしれない。
 
 外に「うどんそば」や「呑喰処」という幟が立っている。外の左手に「おでん」と書かれた小さな赤提灯。「うどん」と手書きで追加記入されたハイボールの黄色い提灯が右手にある。店内が見えてしまう透明なガラスサッシの店内に暖簾代わりに幟が横に下げてあり、首を曲げると「お弁当」という文字が読める。
 
  「アパッチ 食堂」

 正面のガラスサッシを開けて中に入った。右手は奥行きが広く左手が狭い台形であり、正面奥側にカウンター席がある。六席くらいであろうか。右手壁にも壁カウンターがあり、手前窓側に向かっても座れるようになっていた。
 カウンターの左手にお一人、右手側にお二人、店内には三名の先客の方がおられた。奥の調理場の中にマスターのお姿があった。左右の皆さんに頭を下げながら間に座らせてもらった。
 
 並びの方が頼まれたのを聞いて、梅干し入チューハイ(350円)を私もお願いする。
 カウンターに座ってみて気づいたことある。カウンターの真ん中辺りと、奥の調理場側との間に、橋のような板が渡してあったことである。
 
 「いろいろと工夫があるんですね」と言ってカウンターから調理場に渡してある板を指さす。
 すると、マスターがその板を外してしまった。
 「これ、外すとね、こっち側にも座れるんだよ」
 マスターが指さしたカウンターの向側にも作り付けの座る場所があるのだった。つまり、我々の座っていたカウンターには、向かい合わせにも座ることが出来たのである。
 「凄いですね、びっくりしました」と私は素直に驚いてしまった。
 
 壁のメニューを見る。
 「出来るものは出来るけど、出来ないものは出来ないよ~」とマスター。常連の皆さんが笑う。
 先客の方がイワシの煮付けを食べておられたので私も同じものにする。
 イワシ煮付け(250円)である。

 イワシ煮付けを美味しくいただきながら次の飲み物を考える。
 
 「そば湯割りなんて、どうです。冷たいのと暖かいのとあるけど、冷たい方が今は旨いよ、評判がいいんだ」とマスター。 
 
 そば湯割り冷(350円)である。
 マスターに聞けば、午前十一時から営業しているとのこと。終わりは午後九時である。
 昼間は食堂として、そばうどん丼物を出しているお店である。
 そばを茹でる時に出来たそば湯を冷蔵庫で冷やしておいて、焼酎を割って作ったものである。
 そば湯割り・冷というネーミングが楽しい。

 左端の方が先に帰られた。その後に座らせてもらうと、カウンターの右端の液晶テレビが見やすいのである。
 「みんなね、その席が好きみたいだよ」とマスター。
 
 板わさ(100円)とはしょうが漬け(150円)を頼む。
 はしょうが漬けらっきょう一個がおまけでついてくる。
 「らっきょう、一個おまけねえ」とちゃんと言ってくれる。

 定休日を聞いてみる。「休みは特に無い」とのこと。
 並びの方がホッピーを頼まれた。焼酎の量が多い。 
 
 「ホッピーのみたいんですけど、焼酎が多いですねえ、どうしようかなあ」と私。
 「大丈夫だよ、飲めるよ」。
 マスターは笑っている。

 ホッピーセット氷なし(350円)をお願いする。
 氷なしにすると、焼酎の量がはっきりわかる。焼酎は多分普通の倍である。
 そこで、隣の方に焼酎半分を飲んでもらうことにした。
 「御商売の邪魔するようで申し訳ないんですが、マスター、半分飲んでもらっていいですか?」
 「どうぞ・・・」とおっしゃる。
 何も口をつけないうちに、私の焼酎を半分、隣の方のジョッキに入れてもらった。

 ホッピーが飲めたことがうれしい。
 「つまみ何にしますかねえ・・・」
 「厚あげなんか、どうです。安いし、人気ありますよ」
 マスターのおっしゃる通りにする。厚揚げ焼き(100円)である。

 ずいぶんと時間がたってしまった。午後7時15分から8時15分まで一時間ほどの滞在。
 お勘定は1750円であった。

 マスターと常連の皆さんに声をかけ、お店を出る。皆さん、初めての私にやさしくしてくださった。感謝である。
 外に出てふりかえった。入り口右手の白い壁に手書きで店名が書いてあることに気づいた。
 「アパッチ食堂」と読める。でも、「アパッチ」「食堂」が空いていて、よく見ると消した「砦」の文字が透けて見えた。元々はその店名だったのだろうか。今更もどって聞く訳にもゆかない。次回の楽しみが出来た。面白い。
 歩道橋に隠れた「食堂」は、僕ら酒飲みの楽しい「砦」であった。




矢口渡 食べ処・飲み処「アパッチ食堂」
住所 東京都大田区多摩川1-1-6
電話 ?
定休 不定休
営業時間 11:00~21:00
交通 東急多摩川線矢口渡駅下車徒歩2分。





ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 横浜 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる