FC2ブログ

大岡山 炉端「うめ本」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第566回 2014年8月15日(金)  【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


 ※2014年8月18日 1,310,000カウント通過。感謝!

 大岡山 炉端「うめ本」

   ~ ずっと会いたかった人に初めて会えたような ~

   

 蒸し暑い日だった。気温は最高気温33度。西の方では雨がたくさん降り、東京も空が不安定であった。
 今日は、今から69年前、それまでの暗雲と長雨が終わりを告げ、新しい日々がやってきた記念日である。
 目黒区碑文谷に用事があり、SAKURAと二人で東急東横線の都立大学駅から歩いた。
 用事を済ませ外に出ると、雨が降っていた。すぐそばに「すずめのお宿緑地公園」という公園があり、中を散策してみると、孟宗竹がたくさん生えていた(下写真)。

   すずめのお宿緑地公園

 雨と傘と孟宗竹。風情のある時間を過ごすことができた。
 それから環状7号線沿いに出て、さらに目黒区南の交叉点まで歩いた。
 交叉点からほぼまっすぐに南下する道があり、六〇〇メートルほど歩けば、東急大井町線と目黒線のターミナル駅である大岡山駅前に出る。
 その道を歩き始めた。しかし、すぐにどこかで休むことになった。我々にとって、「どこか」とは「居酒屋」のことである。
 先ほどの交叉点から一五〇メートル歩いた辺りの左手に、以前から入りたいと思っていた店があった。
 はじめて、気づいたのは十数年前であろうか。店の前を通る度に、時間が無かったり、こちらの人数が多すぎたり、満席であったり、様々な理由で入ることが出来なかったお店である。

 店名は炉端「うめ本」
 二間間口の左手が昔ながらのガラス戸、右手側は焼き台が外に向かって配置されている様子。そこに、「やきとり」と書かれた暖簾が下がっている。入口の戸の前には縄のれん。最近はこの「縄のれん」に出会うことも少ない。「縄のれん」そのものを知らない若い方も多いに違いない。縄のれんの上に丸い小さな赤提灯が三つ下がっており、右手側にも丸い赤提灯と「やきとり」という文字が書かれた赤提灯一本、そして、「炉端うめ本」という文字が光るようになっている竹細工の看板が下がっていた。さきほど通り過ぎてきた孟宗竹の竹林のことを思い出す。(下写真)
 入口の左右には、たくさんの植木の鉢があり、雨に濡れた葉が涼しげであった。

 縄のれんをくぐり、中に入った。右手にカウンター八席。カウンター手前端に先客の男性が一人。
 左手には二人席のテーブルが三つ。一番手前のテーブルには荷物があって使っていない様子。入って左手の高い場所にテレビがある。そして、カウンターの中に女将さんがいらっしゃった。

 まずは、SAKURAは生ビール小(四六〇円)、私はレモンサワー(三八〇円)を頼む。
 注文をしてすぐに、SAKURAはトイレにたった。
 すると、「泡がきめ細かい方が良いですから・・・」と言って、女将さんは生ビールを注がずに帰りを待っていてくれた。
 さて、生ビールを注いでもらい乾杯となる。生ビールがうまそうだ。私のレモンサワーもうまかった。
 お通しは「しらたきの明太子会え」。ピリッとして美味しかった。
 落ち着いたところで焼き物をお願いする。
 ねぎま(一二〇円)を二本。なんこつ(一二〇円)、手羽先(二〇〇円)、トマト巻き(一八〇円)を各一本である。
 
 店内を見回す。天井からいくつかアサヒビールの白と赤の提灯が下げてある。ジャイアンツのマスコット、ジャビット君がビニールにつつまれ、天井近くに飾ってあり、そのオレンジ色が店内の暖色系の照明に照らされ淡く輝いている。
 
 さらに、女性が一人、先客の方の隣に座られた。御常連同士で会話の花が咲く。

 まずは、ネギマが出てくる。ふっくらと焼かれ、うまい。
 さらに、なんこつ(やげん)は、お肉がたくさんついているもの。
 手羽先は巨大である。骨までバリバリ食べられるのがうれしい。
 ずっと来たいお店で味わう良き味。
 それは、ずっと会いたかった人に初めて会えたような、そして、その人がとても良い人であった時のようである。
 
 熱燗二合(六九〇円)をお願いする。
 「ちょっと、うちのは時間がかかりますけど・・・」と女将さん。
 電子レンジではなく、鍋に水を入れ涌かして、そのお湯で燗をつけてくれるからである。
 その方が実は良い。
 熱燗を待つ間にレモンサワー(三八〇円)を追加することにした。
 こちらでは横浜市の静水社フジカサワーを使用しているようだ。好きな味である。

 トマト巻きもうまかった。
 ここで、SAKURAがタレで食べてみたいという。焼き鳥(一四〇円)とレバー(一二〇円)を2本づつ頼んだ。このタレも美味しかった。こちらのお店のうちそとの優しい雰囲気にそった味である。

 メニューを改めて見る。野菜焼き焼き魚などもあった。
 当たり前である。ここは、店名の通り、「炉端焼き」のお店だった。
 次回は焼き鳥以外のものも食べよう。
 私もSAKURAも二人とも満足。
 お勘定をお願いする。一時間ほどの滞在。二人で三八七〇円であった。




大岡山 炉端「うめ本」
住所 東京都目黒区南3-11-19
電話 03-3725-8704
定休日 ?
営業時間 ?
交通 東急大井町線・目黒線大岡山駅下車徒歩六分。


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
大岡山

Comments 0