FC2ブログ

新丸子 魚肉菜「勝又」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第577回 2014年11月22日(土)
【横浜市】 【池上線】 【その他】 【時間順】 【がっかり】



 
 新丸子 魚肉菜「勝又」

  ~ ゆったり座ってゆっくり飲める店 ~


 

 
 土曜日の夕暮れ時、東横線沿線での用事を済ませた後、新丸子に行ってみることにした。
 明日は大相撲九州場所の楽日である。夕暮れ時の居酒屋で、相撲中継を見る楽しみをゆっくり味わいたいと考え、ゆっくり座れるお店を探すことにした。
 東急東横線と目黒線の新丸子駅の改札は一つである。その改札を出て右手へ。駅前広場に向かって右へ。東急線脇を少し歩くと、道はそのまま線路から離れ、真北へと向かうと、右手角地にある黒湯の出る銭湯「丸子温泉」に出会う。さらに、先に進むと中原街道に出る。すると、道の向側左手に今日の目的の店、魚肉菜「勝又」さんが見える。街道を右に行けば丸子橋。東京方面へ帰ることが出来る。信号を渡った。

 
 新丸子 魚肉菜「勝又」外観

 店の入口に藍色の高級感のある暖簾。入口右手にアクリル看板には、「お食事・お酒 魚肉菜 勝又」と表記してあった。左側には「ハイサワー・ハイッピー」の幟が立ててある。藍色の暖簾をくぐって中に入る。左手にL字カウンター。十五名ほどが座れそうなカウンターに椅子は十席ほど、ゆったりと座れる。カウンターの中の調理場も広め、店の奥の方にも広い空間があるようだ。
 この余裕は素晴らしいと思う。カウンターの背後の通路も広くとってある。
 カウンター前には大将。立って相撲を見ていたようである。
 入店したのは土曜日の五時二〇分。今日の相撲中継の注目度は高い。
 なにしろ、白鵬の三二回目の優勝が決まるかもしれない楽日前日である。
 まずは、緑茶割り(三五〇円)をいただく。お通し、ジャガイモ揚げである。
 大皿に煮物などがあり、その中から珍しい芋がら煮(三五〇円)を選んだ。
 
 緑茶割りはすぐに飲んでしまう。日本酒大どっくり(六〇〇円)に切れ換え、あわせて、鳥わさ(四五〇円)も頼んだ。

 大将が燗酒を持ってきてくれた時に、キャベツの即席漬け(一五〇円)も頼んだ。
 お猪口に注ぎ、燗酒を口にする。ちょうど良い燗つけである。

 鳥わさがやってくる。美しい鳥わさである。柔らかく美味しい。
 旨い料理を静かな店で相撲中継を見ながら、ぬる燗の酒を呑める。至福である。
 相撲中継に見入る。

 「勝てばきまっちゃうんですかね」
 「そうですね」と大将。
 「この横綱が破れたら決まりですね」
 「ええ、鶴竜ですね」

 大鵬の優勝回数三十二回に並ぶ。
 勝負は鶴竜が勝ち、明日千秋楽に優勝の決定が持ち越された。
 相撲中継も二分のみ伸びた。
 ニュースである。淡々としたアナウンサーの声が心地よい。
 十一月二十二日は、「いい夫婦の日」である。
 ニュースでは、結婚五十年を祝うイベントが紹介されていた。
 白いマグロが発見されたニュース。中は赤色であった。
 渋谷の鮮魚店にならび、売ることはせず、明日以降、研究機関に送られるとのこと。

 日曜は定休日、営業時間は午後五時から午前一時まで。
 やがて、複数の家族連れが予約をいれているようだ。
 立ち上がり、奥に向かって歩く。一番奥にトイレがある。奥の様子を見ることが出来た。
 八人座れる大テーブルが二列あり、ベンチ式の椅子なので、十人二組、二十人の宴会が可能に違いない。
 予約の家族連れの方々が少しずつ入ってこられる。
 お店の女性の方も登場。エプロンを着ける。
 ちょうど良いので、御勘定をお願いした。
 午後五時二十分から六時二十分まで一時間ほどの滞在。御勘定は二一一〇円であった。
 ゆったり座って、ゆっくり飲める、料理も良い。数年前から機会を狙っていた訪問は大成功であった。
 外に出るとすっかり暗くなっていた。
 散歩がてら丸子橋へ行ってみることにした。




 

新丸子 魚肉菜「勝又」
住所 神奈川県川崎市中原区丸子通2-451
電話 044-733-0763
定休日 日曜
営業時間 17:00~25:00
交通 東急東横線・東急目黒線新丸子駅下車徒歩5分


「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら

実力派俳優になりたい方はこちらを是非ごらんください→ 守輪咲良のSAKURA ACTING PLACE
新丸子

Comments 0