洗足池 やきとり・焼肉「ごん」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活  第197回  2009年3月31日(火)    【地域別一覧表へ】



洗足池 やきとり・焼肉「ごん」 第2回

  洗足池ごん外観


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。


 東急池上線の駅と駅の間隔は短い。洗足池駅と石川台駅の間は500メートルほどしかない。中原街道を五反田方面から来て、洗足池駅前を通り、250メートルほど行ったところにT字の交差点がある。左に曲がり、400メートルほど行った左手に今日の店がある。2008年1月23日(水)VOL.068で紹介したやきとり・焼肉「ごん」がその店である。
 以前、ホッピーを氷無しで頼むと、予想外にグラスを冷蔵庫で冷やしてくれていることに感動した時のことが前回の記事にある。ホッピービバレッジのホームページ「飲める店」の中に掲載されている店だ。店内の様子なども前回の記事を参照していただきたい。

 入口を入って右手の九人ほどが座れるカウンターの奥に一人、手前に一人、お客さんが座っている。その間の席に座った。カウンターの中には、手前の焼き台近くに大将、奥に女将さん、一般的な立ち位置である。カウンターの上には大皿に総菜料理がのっている。
 左手の四人掛けの小あがり席、三卓は全て埋まっていた。それぞれ、家族や仲間で来ているようである。ずいぶんと盛り上がっている席もあった。
 さっそく、「ホッピーを氷なしでお願いします」と言う。冷やしたジョッキに入ったホッピーが出てくる。実にうれしい。しかも、400円という値段も以前のままである。
 タンハツカシラ(80円)を塩で各1本お願いする。80円という値段の割に肉も大きく、どれも美味しかった。

 常連の皆さんの会話が飛び交う。大将もそれに加わる。人数が少ない場合、うまく話にとけこめれば参加するのであるが、やはり団体さんの場合は難しい。
 少しさっぱりした物を食べたいと思い、ホタルイカ(400円)をお願いする。そして、ホッピーの二杯目も氷なしで頼んだ。

 常連の皆さんはさらに盛り上がっている。帰る様子もない。しかし、早い時間は一人客の皆さんで一杯になるカウンター席も午後九時を過ぎれば、座ることが出来るようだ。
 本当は3杯目もホッピーと思ったのであるが、冷やしたホッピー・ジョッキを一人で消費することを躊躇い、レモンサワー(350円)に切り替えた。レモンサワーもジョッキで出てくる。こちらも以前と変わらぬ価格であった。
 肉の刺身の種類が豊富である。レバ刺し、ガツ刺しなどもあったが、3品目は馬刺たてがみ(600円)を選んだ。これが美味かった。馬刺を食べることの出来る店も少ない。

 後から入ってこられた方も含め、店内は最後まで常連のみの様子。住宅街のバス通りにラーメン屋さんと、こちらの店だけが二軒並んでポツンとある。外見から見れば入りづらい。しかし、一度入ってしまえば実に良い店だ。常連の皆さんには申し訳ないが二度目の紹介をしてしまった。

 午後8時30分から9時45分まで、思いの外長居してしまった。お勘定は2,390円であった。



  ごん看板

洗足池 やきとり・焼肉「ごん」
東京都大田区東雪谷1-13-5
03-3720-9559
定休日 月曜
営業時間 平日 17:00~23:00 土日 16:00~23:00
東急池上線洗足池駅・石川台駅 徒歩10分



にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

五反田 立呑処「新橋へそ」五反田店

居酒屋探偵DAITENの生活  第196回  2009年3月30日(月)    【地域別一覧表へ】


五反田 立呑処「新橋へそ」五反田

  五反田へそ外観

 以前から何度も前を通り、気になっていた店に入ってみた。新橋に本店のある立呑処「新橋へそ」五反田である。料理は串揚げが中心。簡単な一品料理もある。
 まずは、酎ハイ(250円)を頼み、枝豆(100円)とお好み揚げ(200円)を頼んだ。酎ハイを飲みながら店内を見まわした。比較的広い。入口を入って右手の壁際にカウンターがあり6名ほどが立てる。その奥の壁に二人から三人が立てるテーブルが四つ、店の中央に円いテーブル二つがあり、6人位の四角いテーブルが入口付近に二つ、奥に6人ほどが立てる楕円テーブル一つある。奥の調理場前に8名位のカウンター。50人近くはいることができるだろうか。まあ、従業員の方が品物を運びづらくなってしまうが・・・。サラリーマンがグループで来ることを想定しているようである。

 お好み揚げがやってきた。お好み焼きに衣を付けて揚げたものとのこと。お好み焼きソースをかけてあるものだ。食べ応えがある。
 ホッピーは440円、お代わり焼酎200円である。ゆえに、ホッピーはやめて黒酢サワー(350円)を頼んだ。一緒にすじ煮込み関東風醤油(360円)を食べる。一人前づつパックされた物をレンジで温める。肉たっぷり、ゼラチン質たっぷりのすじ煮込みであった。関東風醤油関西風味噌の二種類のすじ煮込みを両方だすには、この提供の仕方しかないのかもしれない。量も多く、黒酢サワーがすすむ煮込みであった。次回は串揚げを食べてみたい。

 午後8時10分から35分まで25分間の滞在。お勘定は1,290円であった。

  五反田へそ看板

五反田 立呑処「新橋へそ」五反田店

住所 東京都品川区西五反田1-4-8 秀和レジデンス1F
定休日 日曜祝日
営業時間 平日16:00~23:30 土曜16:00~21:00
※ただし、11:30~14:00はランチ営業、ランチビールもある。
交通 JR五反田駅下車徒歩5分
公式サイト http://www.cleargate.co.jp/heso/index.html


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

新橋 立ち呑「こひなた」

居酒屋探偵DAITENの生活 第195回   2009年3月28日(土)    【地域別一覧表へ】


新橋 立ち呑「こひなた」

  新橋こひなた外観

 前回の御徒町の店を出てから新橋に移動した。烏森口の改札を出て左に行き、都営浅草線の改札の方へ向かう階段を降りてゆく。
 浅草線の改札前に降りる手前の踊り場的な場所で左右を見ると、左側に新橋駅前ビル1号館の地下への入口があり、右側に新橋駅前ビル2号館への入口がある。1号館地下に入ってゆくと、広い通路の左右に間口の狭い居酒屋や立ち呑店が並んでいる。2号館地下は路地裏の飲屋街のようになっている。上から見たとすると、四角くの真ん中に一本縦線が通っている感じであろうか。二回ほど巡ってみた。どの店も常連客向けの店らしく、ちょっと入りづらい。十年近く前に、こちらの一軒のお店から咲良舎のパンフレットに広告をいただいたことがあり、御挨拶にうかがったことがある。探してみたがそのお店は無くなっていた。
 そこへ、4人の若い男女が紛れ込んできた。驚いた様子で「すごいね・・・」などと言いながら通路を一周して出ていってしまった。

 2号館の一角の地下入口に店の看板が出ている(下写真)。その看板に促されて左に曲がり右に曲がると左手にその店、立ち呑「こひなた」がある。縄のれんが三つ掛かっている。縄のれんをくぐり中に入ると、横一列のカウンターのみの店内である。店内には、男性客一人と男女二人の計3人。私はカウンターの右端のテレビ下に立った。まずは、緑色の皿に千円を入れ、レモンサワー(250円)と湯豆腐(200円)を頼む。

 女将さんが一人で仕切っておられるようである。午前11時から開店しているという。いつか昼酒を飲める身分になった時、来てみたいと思う。酒肴共に単価が安く、電車を降りてすぐに飲むことができる便利さ。地下街なので雨にも濡れない。毎日寄ってしまうサラリーマンの方々が多いのも解る話である。
 男女の方々は出て行かれた。すぐに、女性二人が入ってきた。女性客が多いのは、安心して入れる証拠である。
 2杯目は黒ホッピー(350円)を呑んだ。350円というのは安い。あわせて煮こごり(200円)も頼んだ。たとえば、200円のつまみで、250円のサワーを3杯飲んだとすれば、950円でかなり酔うことが出来る。まさに、「千ベロ酒場」である。

 ここでも「一軒二杯二品」を守ることが出来た。
 午後8時50分から9時20分までの30分の滞在。お勘定は、二杯二品で1,000円ちょうどであった。

  新橋こひなた看板

新橋 立ち呑「こひなた」
東京都港区新橋2-21-1新橋駅前ビル2号館 地下1F
定休日 日曜祝日
営業時間 11:00~22:00
交通 JR新橋駅下車徒歩1分。

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

御徒町「加賀屋上野広小路店」

居酒屋探偵DAITENの生活 第194回   2009年3月28日(土)    【地域別一覧表へ】


御徒町 居酒屋「加賀屋 上野広小路店」


  加賀屋上野広小路外観


 「北斗星」で北海道へ向かうSAKURAを送って上野駅まで行った。気温は低いがは咲き始めている。上野駅周辺は花見客の為、いつもの土曜日よりも人出が多い。ガード下のもつ焼きの有名店「大統領」は、本店、支店共に混んでいてまったく席がない。
 御徒町の駅下の「佐原屋」も土曜日の為、営業していない。店を探し、人を見ながら、御徒町周辺を巡り歩いて1時間近くたった頃、上野松坂屋デパート南館の裏手に「加賀屋」の看板を発見した。常日頃、言っている通り、今日も「困った時の加賀屋」である。大規模チェーンの居酒屋には絶対に入りたくない。しかし、ホッピーやサワーを飲みたい。もつ焼きや煮込みも食べたい。そんな時は「加賀屋」の看板を見るとホッとするのである。

 周辺には店は無い、駐車場やデパートの搬入口、倉庫が並ぶ薄暗い一角。そんな場所の小さなビルの地下に「加賀屋 上野広小路店」はあった。階段を降りて、引き戸を開く。
 店内は意外と広い。後で「加賀屋」のホームページで調べてみると、テーブル席は60席、カウンターが7席とある。店の中央に、ポツンと一つある二人掛けの席を発見、まっすぐにその席に向かう。一人客としては、店の中で一番落ち着く席である。
 背の高い女性数人が忙しく立ち働いている。頃合いをみて、ホッピー(400円)を氷無しで頼んだ。400円のボーダーラインホッピーである。つまみは、「大串焼き」と書かれたネギマ塩3本(330円)と、小いわし唐揚げ(380円)である。本当は煮込みも食べようと思ったが「一軒二杯二品」を守る為に我慢をした。いわし唐揚げがうまかった。量も多い。

 隣の席に座っていたオバサマグループが店のお姉さんたちを「カッコイイ」と言っている。たしかにみんな長身でキリッとした感じである。元気にテキパキ働く女性は美しいと思う。
 私の所に、ネギマの塩を持って来た女性が「ネギマのタレです」と言ってしまい、間違いに気づいた時の笑顔がかわいかった。
 2杯目はレモンサワーを頼んだ。「氷なしですか?」と気を使ってくれる。氷を入れてもらった。レモンサワーは370円。ジョッキに氷と焼酎、レモンサワーの瓶が一瓶ついてくる。ガス圧の強さ、衛生面、自分で調整できる自由度、様々な点で、出来上がって出てくるレモンサワーよりも「瓶」を出してくれるタイプのレモンサワーは優れている。
 店内のテレビはサッカー「日本対バーレーン戦」である。流れる音楽は懐かしいジャパンポップス。この店では「一軒二杯二品」を守ることが出来た。

 女性たちの元気な声に送り出され、外に出たのは午後8時20分。滞在時間30分間。お勘定は1,730円であった。

  加賀屋上野広小路看板

御徒町 居酒屋「加賀屋 上野広小路店」
住所 東京都台東区上野3-23-11 東販ビル地下1F
電話 03-3839-4194
定休日 日曜祝祭日
営業時間 17:00~24:00
交通 JR山手線御徒町駅下車徒歩3分。


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

大岡山 居酒屋「龍飛」 第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第193回   2009年3月25日(水)    【地域別一覧表へ】



大岡山 居酒屋「龍飛」 第2回

  大岡山龍飛外観


    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→


 前回>五反田の立呑店「呑ん気」を出た後、五反田駅から目黒線の不動前駅まで歩いた。距離にして1㎞ほどである。不動前駅で目黒線の下り電車に乗り、4つ目の大岡山駅で降りた。稽古帰りのsakuraと大岡山駅で待ち合わせたのだ。
 一緒に向かったのは居酒屋「龍飛」である。前回紹介したのは2008年7月31日(木)の第121回大岡山駅周辺の様子については前回の記事で詳しく書いているし、店までの道順もその時に紹介したので参照されたい。

 入口を入ると右手には小上がり座敷が三卓あり、左手に4人掛けのテーブル席が二つ、8人ほどが座れるカウンター席もある。カウンターの左端、一番手前に座った。遅い時間は比較的空いているので、ほとんどの場合この定位置に座ることが出来る。

 飲み物はレモンサワー(350円)と燗酒(540円)、つまみは龍飛風つくね串焼き2本(290円)とイカの一夜干し(390円)である。
 こちらの御夫婦お二人でやっていらっしゃるお店である。料理の量、質ともに満足出来る内容であり、学生の多い街ではあるが、うるさいと感じたことはない。
 次に頼んだのは生冷酒300ml瓶(650円)、黄桜山廃仕込であった。最近はついつい日本酒に手が出てしまうとSAKURAが言う。さらに、日本酒に合うものと思い、肉厚あぶらあげ焼き(390円)も追加した。

 最後に頼んだ、特製さつまあげ(490円)はとても大きくて食べ応えがある。さつまあげに合わせて、栗焼酎ダバダ火振(470円)をロックで呑んだ。
 ダバダ火振は十数年前に今はない石川台のある居酒屋ではじめて飲んで好きになった焼酎である。栗焼酎というのも珍しいが、香りが素晴らしい焼酎である。残りの時間をダバダ火振をゆっくりと飲んで楽しんだ。やはり、落ち着く店である。

 午後10時20分から12時までの1時間40分ほどの滞在。お勘定は二人で合計4,070円であった。


大岡山 居酒屋「龍飛(たっぴ)」
住所 東京都大田区北千束3-28-3
電話 03-3729-5165
定休日 月曜
営業時間 17:00~23:30
交通 東急大井町線・目黒線大岡山駅下車徒歩1分。


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

五反田 立ち飲み「呑ん気」

居酒屋探偵DAITENの生活 第192回   2009年3月25日(水)   【地域別】  【時間順】


五反田 立ち飲み「呑ん気」

  五反田呑ん気外観

    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→

 五反田でのある用事を済ませた後に向かったのは、五反田駅西口の路地裏にある立ち飲み「呑ん気」である。こちらの店は、テレビ番組「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された店である。立ち飲みの店ではありながら、立ち飲みなのは店の入口から真ん中までのカウンターのみ、真ん中から奥にかけてテーブル席が6個ほど置かれており座ることが出来る。所謂「半立ち」だ。

 左手の壁のカウンター沿いに立つ。カウンターの中にはマスターとママさんの二人、フロアにお姉さんが一人。周りの方の目の前には千円札の入った灰皿がある。真似をして、灰皿を取り、千円札を二枚入れた。
 ママさんにレモンサワー(300円)を頼んだ。飲み物と交換に、灰皿から千円札が持ってゆかれ、オツリの700円が戻される。いわゆるキャッシュオンデリバリーである。
 実はこちらの店は中華メニューが豊富なのである。ゆえに、レバニラ炒め(320円)をお願いした。
 レバニラ炒めが出てくる前に、もっと早そうなネギトロ(220円)も頼む。ネギトロでレモンサワーを飲んでいるうちにレバニラ炒めが登場。大きなレバーが入ったレバニラ炒めはなかなか美味しい。ふだん通風を心配してレバを我慢している私としては、久しぶりのレバニラ炒めである。
 他に炒飯も美味しいということも聞いていたが、次の店があるので我慢をすることにした。

 バクダン(300円)という飲み物は知っていた。しかし、確認の為、お店のお姉さんに「バクダンって何ですか?」と聞いてみた。「チューハイにビールをちょっと入れたやつです」とのこと。
 バクダンをもらい、レバニラの残りを食べた。「バクダン、これは効くなあ」と思う。

 常連が次々に入ってくる。するとママさんが常連の方には「お帰り~」と言う。
 良い店である。午後9時10分から30分ほどの滞在。支払った金額は1140円。残った小銭を灰皿から取り、財布に入れ外に出た。

  五反田呑気看板

五反田 立ち飲み「呑ん気」
住所 品川区西五反田1-2-6
電話 03-3490-5719
定休日 土曜・日曜・祝日
営業時間 16:30~23:00
交通 JR五反田駅下車徒歩3分。東急池上線五反田駅下車徒歩4分。都営地下鉄浅草線五反田駅下車徒歩5分。

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蓮沼 立呑処「勘蔵」第3回

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第191回   2009年3月15日(日) 【地域別】  【時間順】  【がっかり集】


※2009年3月18日 240,000カウント通過 感謝!


蓮沼 立呑処「勘蔵」 第3回

  蓮沼立ち飲み勘蔵外観


 
    にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム 居酒屋短編小説を発表中。このブログの右カラムに作品別のリンクあります→



 蒲田で買い物を済ませた後、どこかで軽く飲もうということになった。SAKURAはこちらの店をずいぶんと気に入ったようである。さっそく行ってみることにした。前回、こちらのお店に伺ったのは今年の1月1日である。前回の紹介記事は第166回だ。今回は2ヶ月半ぶりの来店である。マスターのSさんが笑顔で迎えてくれる。

 ますば、目の前の小皿に千円札を二枚入れる。それから、私はハイッピーセット(400円)を頼み、 SAKURAは生ビール(350円)を頼んだ。最初のつまみはオニオンサラダ(100円)である。Sさんが「本日はお刺身フェアなんでございますよ」とおっしゃる。実は買い物帰りに川崎の寿司屋によったばかりであった。Sさんが美味しそうな刺身を切り分けてから、壁のビニールに手書きで「本日鮮魚刺身フェア」と書く。実に残念である。

 Sさんがカウンターの中でなにやら汁物を作っておられる様子である。やがて、Sさんが小どんぶりを二つ私たちの目の前に置いた。かけうどんをサービスで出してくださったのである。びっくりであった。
 SAKURAは冷酒の松竹梅豪快(400円)150ミリリットル入り瓶をいただく。私はトマト割り(300円)にした。
 枝豆(150円)とナンコツ唐揚げ(200円)を頼んだ。ポテサラ(150円)をお願いすると、これから仕込むそうである。ポテサラ好きとしては残念であったが、その様子が伝わったのか、残ったポテサラを「一人前無いですからどうぞ」とサービスでくれる。少しだけでも食べられればうれしい。それが「ポテサラ好き」なのである。

 前々回にその美味しさに感動した黒糖焼酎喜界島(350円)をロックでもらう。SAKURAは再び生ビール(350円)である。最近は強い酒は飲まないようにしているらしい。

 Sさんのやさしいキャラクターときづかい、安い価格の食べ物と飲み物。今、私が最も気に入っている立ちのみ店である。

 日曜日の夕方5時15分から6時15分まで約1時間の滞在。支払ったお金は二人で2,600円であった。
  
  蓮沼立ち飲み勘蔵

蓮沼 立呑処「勘蔵」
住所 東京都大田区西蒲田7-9-5
電話 ?
定休日 年中無休
営業時間 16:00~26:00
交通 東急池上線蓮沼駅下車徒歩5分。JR蒲田駅下車徒歩3分。

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

日吉 立ち呑み「寅七」

Life of the izakaya detective DAITEN
居酒屋探偵DAITENの生活 第190回   2009年3月12日(木) 【地域別】 【池上線】 【時間順】 【がっかり集】


日吉 立ち呑み「寅七」

  日吉立ち飲み寅七

     にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ  blogram投票ボタン ←クリックお願いします。

 ↓電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←新岳大典作小説無料公開中。「新岳大典」で検索してください。

 夜7時頃の日吉駅である。慶応大学と反対側の西口に出ると車寄せがあり、様々な車が次々にやってくる。タクシー乗り場の前から改札の方に向かって階段には乗車待ちの列が出来ている。
 駅前からは放射状に5本の通りが伸びている。右から数えて二本目の「浜銀通り」という通りを少し入ると、すぐ左側に細い路地がある。路地を入って右手にあるのが今日の目的の店、立ち呑み「寅七」だ。
 店の外には暖気を外に逃さない為の透明のビニールが貼ってある。ビニールの隙間を通って中に入ると、カウンターが奥に向かって続いている。カウンターの中には、頭にバンダナを巻いたマスターが一人。日焼けした顔で格闘技でもやっておられたような雰囲気だ。

 飲み物のメニューの中で目立つのはホッピーだ。なんと250円である。黒ホッピーも同様。瓶はついてこない、しかし、業務用ホッピーを一瓶入れて作っていた。もちろん氷無しで頼む。最近では最安値のホッピーではないだろうか。生ビール(350円)、レモンサワー(300円)、お茶割り(300円)と飲み物は安い。
 つまみはシメサバ(400円)を頼んだ。食べ物の品目は少ない。食べるよりも酒を飲むことが主の店のようである。
 おでん盛り(300円)をもらった。チクワブ二個、厚揚げ一個を選んだ。マスターと常連の会話を聞いていると、今日は無いが「煮込み」もあるらしい。また、1000円で1050円分のチケットというものもあって、チケットを買うと50円お得になる。カラオケもあって唄うことが出来る。立ち飲みでカラオケとは珍しい。

 常連らしき方々が次々に入ってくる。隣に来られた方が「タバコ、吸わないんですか?」と聞かれる。「タバコ吸わない分、酒飲んでしまいますから・・・どうぞ・・・」と答えた。自分がタバコを吸う前に気をつかってくれたのである。
 カウンターの中にあるテレビでは、ボクシング中継が流れている。カウンターは一杯になってきた。店の外にも透明ビニールの内側に狭いカウンターがあり立つことが出来る。そこに、大学生さんと先生らしき方のグループが立たれた。この辺りで大学生といえば慶応大学であろう。

 モヤシサラダ(200円)をもらう。隣の方とボクシングについて話した。
 この方は最初1,000円分だけ飲んで帰るとおっしゃっていた。試合終了までもう少し一緒に話したいと思い、その方の飲んでいたお茶割り300円を二杯頼み、失礼ながら一杯を進呈した。
 立呑みはボクシングに合う、一試合の間だけ飲んで、終わったら帰る。そんな区切りがつくのが良い。ボクシングを見ている時、男たちの顔は「子供」になっている。
 試合が終わった。隣の方に「お先に」と言って外に出た。感謝の気持ちを手で示してくれた。微笑みで返す。良い時間であった。

 午後7時15分から8時までの45分の滞在。支払った金額は1650円であった。

日吉 立ち呑み「寅七」
住所 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2
電話 045-564-1419
営業時間 16:00~24:00
交通 東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅下車徒歩1分。

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

鹿島田 立ち飲み「夢中」

居酒屋探偵DAITENの生活  第189回  2009年3月10日(火)  【地域別】  【時間順】


鹿島田 立ち飲み「夢中」


  立ち飲み「夢中」外観


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 前回の店を出た後、JR横須賀線の新川崎駅で友人のRAM元帥と別れた。それから、400メートルほど離れた場所にある鹿島田駅まで歩いてJR南武線で帰るつもりであった。
 しかし、鹿島田のすぐ手前で、魅力的な光景を目にしてしまったのであった。
 照明に照らされた路地である。しかし、その路地には屋根がある。所謂、マーケットと呼ばれる商店街であった。後日、地図で調べてみると「西口マーケット」という名前であった。
 閉まっている店も多い。昼間はどうなっているか解らないが、他にも数軒の飲み屋さんが並んでいた。中には新しく工事中の店もあった。
 道沿いに出ていた看板にはこう書いてある。
 「安くて 飲んだり 食べたり 思ったり 立ち飲み 夢中」
 「安くて 飲んだり 食べたり」までは解る。しかし、「思ったり」というのは珍しい。一人で飲んで色々と考えましょうということか。(一番下に写真あり)
 既に午後10時過ぎだ。明日も早いにもかかわらず、ついつい誘惑に負けてしまった。

 「ホッピーでハッピー」という赤ちょうちんを眺めながら、縄のれんをくぐり、アルミサッシの引き戸を開けて店に入ると、高いカウンターが奥まで続いている。
 一直線のカウンターには10人位の人が立つことが出来るようだ。奥の方に2人連れが、入口に近い場所には1人の方が立っておられた。皆さんカジュアルな服装である。マスターがカウンターの中でこちらを見る。まずは、レモンサワー(300円)を頼んだ。お腹もいっぱいなので、つまみはオニオンスライス(200円)にする。もちろん、商品と同時に金を払うのである。
 ホッピーもある。ホッピーセットボーダーライン価格の400円。中は200円、外は250円である。
 店内を見ると、壁に「大変ごめんどうお掛けしますがトイレは共同トイレとなっていますのでご協力お願いいたします。」と書いてある。
 さらに、「御飲食の品代は一品ごとに精算させて頂きます。」と書いてあり、「酔っ払いお断り」「暴言、暴力、一切の出入を禁止。」などとも書いてあった。色々とトラブルがあるのかもしれない。
 トイレに行きたくなった。壁の張り紙の下に書かれた地図を見て、外に出た。

  立ち飲み「夢中」西口マーケットの通路

 マーケットの通路を抜け、私が入ったのと反対側の出入り口(上の写真)から外に出て、右手に回り込み、建物の裏側の細い通路を通って、そこにあった小さなトイレに入った。一度外に出なければならないので、雨の日はたいへんであろう。やはり、女性向きの酒場ではない、まさに「男酒場」である。

 店に戻って、ウコン茶割り(300円)を頼んだ。メニューを見ると200円から300円程度の価格。簡単なものばかりである。今時の小ぎれいな立ち飲み店とは対局の店である。若い女性が一人で入るような雰囲気は少しもない。先客の一人客の方が帰られた。しばらくすると別のお客さんが入ってくる。誰も大声では話さない。ゆるい時間が過ぎて行くのだ。まさに、「思ったり」である。

 30分近くたって、どこかで呑んだ帰りらしい、身なりの良いサラリーマン男性3人連れの方々が入ってきた。あと、もう少しだけ呑みたいというその気持ちは解る。
 「景気が良い頃は、二次会のスナックで歌でも唄っておられた方たちなのかなあ・・・」などと思う。
 私はスナックで唄いながら酒を呑むという行為を自ら望んではしない。もちろん、歌を唄うことは嫌いではない。むしろ好きである。しかし、カラオケで唄うならば、もう一軒「居酒屋」に入ってみたくなる。まさに「居酒屋中毒」だ。
 ちょうどウコン割りも飲み終わった。明日も早い、急いで帰ることにした。

 午後10時10分から10時40分まで30分の滞在。支払った金額は800円であった。

  立ち飲み「夢中」看板

鹿島田 立ち飲み「夢中」
住所 川崎市幸区鹿島田1133
電話 044-556-5548
交通 JR南武線鹿島田駅下車徒歩1分・JR横須賀線新川崎駅下車徒歩5分。

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

新川崎 居酒屋「幸」

居酒屋探偵DAITENの生活 第188回   2009年3月10日(火)   【地域別】  【時間順】



新川崎 居酒屋「幸」

  新川崎居酒屋幸


   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。


 友人のRAM元帥は健脚である。2㎞や3㎞はすぐに歩いてしまう。この日もある場所からこの店まで約2㎞ほどを歩いて行くことになった。向かったのは、RAM元帥が仕事関係の打ち合わせなどで使うお店である。
 狭い抜け道を何度も曲がり、バス通りに出て、「夢見ケ崎動物公園前」というバス停前に出る。辺りは小さな商店街だ。
 店名は居酒屋「幸」。なぜ「幸」という名前なのかは解らない。一般的に、小さな居酒屋の店名はママさんの名前からとっている場合が多い。しかし、所在地が「川崎市幸区」であるから「幸」なのかもしれない。最寄りの駅は横須賀線の新川崎駅である。しかし、最寄りと言っても歩いて20分近くはかかる。バス利用ならば川崎駅西口から川崎市営バス川63、川64、川66系統で「夢見ケ崎動物公園前停留所」下車徒歩2分ほど。いずれにしても基本的には地元の皆さんの為の店と言える。

 入口を入ると、右手にL字カウンターがある。奥に小上がり席が一つ。カウンターの中ではママさんの満面の微笑み。カウンターには、常連らしき男性客が一人座っておられる。
 まずは、二人とも生ビール(500円)をいただく。長距離を歩いてきたのでとてもうまい。
 厚揚げのお通しが出てくる。このお通しは入ってきた人によって必要かどうかを聞いてくれるようである。料理のボリュームがあるとはRAM元帥から聞いていたが、お通しからその量に驚いた。美味しいお刺身が入っていますとおっしゃるママさんの言葉に従い、お願いしますと言うと、マグロ刺し(550円)とサーモン刺し(550円)が一緒盛りで出てきた。両方ともかなり分厚く切ってある。普通の店の同価の刺身の倍はあるのではないだろうか。食べ応えのある刺身だ。

 RAM元帥と仕事関係の話をする。RAM元帥は常に前向きだ。
 豚肉しょうが焼き(500円)をお願いする。生ビールの後は、RAM元帥がキープしてある「 いいちこ」(2,000円)をお湯割でいただく。
 さばの干し物(600円)をサービスで出してくれた。RAM元帥の神通力である。このさばの大きさにも驚いた。半身がドーンと出てくるのである。
 RAM元帥が焼きとりが食べたいと言うと、お任せで焼きとりのセットが出てきた。本来の本数より多く出てきたようである。14本くらいあったであろうか。次々に出てくる焼きとりは、一串が巨大である。そして、どれもとてもうまかった。
 まさに、お腹一杯である。このボリュームとママさんの明るい接客がこの店の良さである。また、連れて来てくれるようRAM元帥にお願いした。

 この日はよく歩いた。行きに2㎞、帰りに2㎞、居酒屋に行くのに4㎞の道程を歩いたことになる。実は酒を飲んだ後に歩くのが好きなのである。素面だと遠いと思うような距離でも酔っていると感じないからかもしれない。
 午後8時から9時30分まで1時間半ほどの滞在である。お勘定は2人で5,700円であった。

 一緒に新川崎駅まで歩いた。RAM元帥が同駅から横須賀線に乗るからである。新川崎駅でRAM元帥と別れ、歩いて5分ほどの場所にあるJR南武線の鹿島田駅に向かった。南武線に乗って帰るつもりであった。しかし、古いマーケットのような雰囲気の不思議な一角を見つけてしまった。飲み屋街である。立ちのみの「看板」が出ている。誘惑に負けて、吸い込まれるように中に入ってしまった。
(つづく)

新川崎 居酒屋「幸」
住所 神奈川県川崎市幸区南加瀬3-16-1
電話 044-588-8044
交通 JR横須賀線新川崎下車徒歩18分。JR南武線鹿島田駅下車徒歩25分。


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 大衆酒場「鳥万」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第187回   2009年3月7日(土)   【地域別】  【時間順】


蒲田 大衆酒場「鳥万」 第2回

   蒲田鳥万看板   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 蒲田である。そして、土曜日の午後だ。立ちのみではなく、座敷でゆっくり飲みたいと思う。そんな時は、やはり大衆酒場「鳥万」の三階座敷席が良い。「鳥万」の大衆酒場としてのいつもの活気を感じたいのなら一階席であるが、ゆっくりしたいのなら三階座敷席である。もちろん早い時間の話だ。遅くなれば、そこは宴会場と化すのである。
 SAKURAと二人、買い物で歩き疲れ、やっとたどり着いた。まだ午後5時前だというのに、一階席、二階席ともに満席である。しかし、元々前述の理由から三階席に行きたかったので、ちょうど良いのである。
 三階席までゆく。左手には小さな座敷、右手には大きな座敷がある。銭湯の下足入れのようなものがあって、靴を脱いで中に入れ、番号札を手に右手の大きな座敷に入った。
 座敷には12卓ほど座卓がある。右手の卓にカジュアルなスタイルの先輩たちが陣取っておられる。なかなかの面構えの皆さん四人である。他にはお客さんはいらっしゃらなかった。二つの座敷の間にある配膳室の前に1卓だけ独立した席がある。二人で座るにはちょうど良い。他の席と接しておらず、脇に細い柱が一本あって、そこに背中を預けて座ることができるのだ。壁に貼られたメニュー全体を眺めるにもちょうど良い場所である。何より配膳室の前なので注文をしやすいのである。とにかく、店のお姉さん方は忙しいのである。

 お姉さんがやってくる。まずは、レモンサワー(280円)を二つ頼んだ。やってきたサワーはジョッキに入っている。これで280円は安い。
 お姉さんの手が空いたところで、サービス品で350円のものが200円になっている「とび魚たたき」を頼んだ。忙しいのでこちらが長く考えているとすぐに行ってしまう。
 次ぎにお姉さんがつかまったところで、シメサバ(350円)、野菜チヂミ焼き(320円)、レバニラ炒め(320円)、塩ラッキョ(250円)を一期に頼んだ。
 本当にメニューの種類が多い。
 1日に2品ずつ食べて、毎日来ても2ヶ月は違うものを食べることが出来るのではないだろうか。毎日、夕食兼晩酌をする一人暮らしの方には最適の店ではないだろうか。

 私の2杯目はトリスハイボール(290円)。サワーグラスに入ってくる濃いめのウイスキー・ハイボールはとてもうまい。しかし、繰り返し飲むのは「危険」である。SAKURAはグラスワイン(230円)を選んだ。
 さらに、こまい干し(300円)をもらって、松竹梅の冷酒(490円)に切り替えた。お酒に合いそうな、生ホタルイカ刺し(350円)も追加する。

 気が付けば、ほとんどの席が埋まっていた。家族連れ、若い男女のグループ、老夫婦、御老人ばかりの男性グループ、作業服を着た男性の二人連れ、若いアベック、偏ることなく様々なお客様が集っておられる。
 やはり、「鳥万」蒲田の大衆酒場として不動の人気を誇る店といえる。

 午後5時から6時30分まで、1時間半ほどの滞在である。お勘定は2人で4,040円であった。


蒲田 大衆酒場「鳥万本店」
住所 東京都大田区西蒲田7-3-1
電話 03-3735-8915
定休日 年中無休
営業時間 月曜~金曜16:00~23:00 土曜・日曜・祝日1500~22:00
交通 JR京浜東北線蒲田下車徒歩2分・東急池上線・東急多摩川線蒲田駅下車徒歩2分

にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

荏原町 酒処「鳥竹」第2回

居酒屋探偵DAITENの生活 第186回   2009年3月6日(金)   【地域別】  【時間順】



荏原町 酒処「鳥竹」 第2回

  荏原町鳥竹

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。



 駅から近い居酒屋というのは便利である。しかし、東急大井町線の荏原町駅前の「鳥竹」ほど駅に近い店も少ない。
 東急大井町線の荏原町駅前、大井町方面の電車から降りて、ホームから見える改札口を出ると、3メートル程先の公衆トイレの向こうに、「鳥竹」の入口が見える。店まで改札口から10歩ほどであろうか。前回伺ったのは、2008年10月7日(火)第148回である。
 「鳥竹」は、闇市的雰囲気を残す、所謂「駅前マーケット」と呼ばれるような古い建物に入っている。その建物の中央を通っているL字形の通路側に「鳥竹」のもう一つの入口がある。どちらが表口かといえば、こちらが表口かもしれない。
 その通路側の入口(上記写真)から今日は入った。扉を開き、一段高くなっている客席に上がる。すぐ目の前のテーブル席に座った。入口の側の高い場所にテレビがある。男性の先客の方が一人テーブル席に座っていらっしゃった。カウンター席には誰もいない。カウンター席に座るとテレビに背を向けることになるので、一人客でもテーブル席に座りたくなる。外は雨模様なので「雨、降ってますか?」と先客の方に聞かれた。「小降りですね」と答える。店内は静かだ。

 角ハイボール(400円)を頼むと、切り干し大根の煮付けがお通し(200円)として一緒に出てきた。「角瓶」のデザインを模倣した小ジョッキで出てくる角ハイボールは濃いめでうまかった。
 焼き物は、鳥もも(120円)、鳥なんこつ(やげん)(150円)、鳥つくね(150円)を一本づつ頼んだ。
喉が渇いていたので、角ハイボールはすぐに無くなってしまった。2杯目は、グレープフルーツサワーのジョッキ(400円)にした。この店では、サワー類は400円のジョッキと350円のグラスを選ぶことが出来る。追加のつまみとして、モヤシナムル(300円)を頼んだ。

 メニューを眺める。豚チヂミ(350円)、チャプチェ(350円)、オイキムチ(300円)など韓国家庭料理が目立った。
 前回の記事でも書いたが、こちらは野球ファンの集う店らしく、「セントラル焼酎合戦」いう飲み物のグループがある。野球のセントラルリーグのチーム名が付けられた焼酎ドリンクである。巨人がオロナミンC、ヤクルトがヤクルト、横浜が梅酒、広島がトマトジュース、中日がマムシドリンク、阪神がカルピス、長島という飲み物には「?」と 書いてある。各400円である。
 先客の方が帰った後、すぐに別の男性常連客が来られた。「ワールド・ベースボール・クラシック」の試合のチケットが手に入ったらしく、とても喜んでいらっしゃる。その常連の方とママさんの野球談議が続く。常連の方の喜びが伝わってくる。「野球」というスポーツによって、癒される人たちがこの国にはまだまだ沢山いらっしゃるのである。緩い時間が過ぎてゆく。

 午後6時45分から7時15分までの約30分の滞在、お勘定は一人で1,720円であった。


  荏原町鳥竹看板

荏原町 酒処「鳥竹」
住所 東京都品川区中延5-2-3
電話 03-3787-3174
定休日 ?
営業時間 17:00~23:00
交通 東急大井町線荏原町駅徒歩5秒。(改札前10歩ほど)


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

「古典酒場」vol.6 マイショップ登録

その他各種情報


「古典酒場」シリーズvol.6 マイショップ登録

「古典酒場」シリーズvol.6 「山手線沿線60軒&絶品メニュー200」
vol.1~vol.5まで同シリーズは当ブログのマイショップに登録しました。そのvol.6が発売されましたので、マイショップに追加登録いたしました。なお、マイショップにはまだイメージ未登録です。

私が19歳の時、はじめて先輩に連れてゆかれた古典酒場、それが西日暮里の「菊一」さんでした。その店がこの本に載っていたのには驚きました。現在のビルになる遙か前、ここで先輩たちから「酒場」について教えられ、鍛えられました。なお、私が記事にした2008.4.28のvol.095です。是非、こちらをご覧下さい。

「古典酒場」vol.6

古典酒場 Vol.6 (6) (SAN-EI MOOK) (SAN-EI MOOK)古典酒場 Vol.6 (6) (SAN-EI MOOK) (SAN-EI MOOK)
(2009/02/27)
不明

商品詳細を見る



にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

「居酒屋礼賛」マイショップに登録

その他各種情報


浜田信郎著「酒場百選」マイショップ登録


「居酒屋礼賛」浜田信郎氏が最初に書かれた居酒屋関係の書籍、ちくま文庫の「酒場百選」もマイショップから購入可能にいたしました。私も愛読書として読ませていただいてます。


酒場百選 (ちくま文庫)酒場百選 (ちくま文庫)
(2006/05)
浜田 信郎

商品詳細を見る



浜田信郎氏のブログ「居酒屋礼賛」も是非ご覧下さい。


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

石川台 お酒・お食事「松月」

居酒屋探偵DAITENの生活 第185回   2009年3月3日(火)   【地域別】  【時間順】



石川台 お酒・お食事「松月」

  石川台「松月」外観   にほんブログ村 グルメブログへ ←「東京食べ歩き」参加中。


 東急池上線の石川台駅の近くに以前から入りたいと思っていた店があった。石川台駅の蒲田方面の改札を出て、踏切を渡らず、右手に歩いて坂を下りてゆく。「グリーンロード・石川台駅前商店会」という短い商店街である。「希望ヶ丘商店街」に比べれば、ずっと規模の小さな長さ40メートルほどの商店街だ。
 雪谷八幡神社への脇参道の階段が左手にある。この階段へ至るための細いまっすぐな参道らしき路地を右手に見ながら、その向こう角に間口の狭い店が何軒か並んでいる。かつてはこの先にも商店が連なっていたが、現在はこの先は住宅街になってしまっている。この間口の狭い店舗の中の一軒がお酒・お食事「松月」である。
 寒い夕暮れ時、SAKURAと買い物に出たついでに、意を決して入ってみることにした。

 お酒・お食事「松月」という看板以外に情報は何もない。ちょうど3月3日のひな祭りである。入口の脇のガラスケースに「ひな飾り」が飾ってあった(写真)。実に洒落ている。

  石川台「松月」雛飾り

 中に入ると、右手前から奥にかけて一直線のカウンターがある。席数は9席。カウンターの中は、奥側にマスター、手前にママさんがいらっしゃり、笑顔で迎えてくれた。
 先客は男女お二人、それぞれ別々にいらっしゃった御常連のようである。寒いのでお酒(450円)をお燗してもらうことにした。お通しが無いのは好感が持てる点である。メニューは手書きである。カキ豆腐(650円)をいただく。やってきたカキ豆腐は大きめの皿に豆腐、白菜、カキが入っている。大きなカキが6個入っていた。つまみとしては、一人では食べきれない量である。おかずとして御飯をいただきいと思う。おにぎり(300円)や焼きおにぎり(350円)などもある。「お酒・お食事」と看板にもあるので、こちらで夕食を済ませる方も多いに違いない。

 ウーロンハイ(400円)を頼む。飲み物は他にレモンサワー(450円)、ホッピーセット(450円)、スーパードライビール中瓶(550円)などがある。
 最後に冷酒180ml(550円)を飲んでしまった。最近、焼酎よりも日本酒を飲んでしまう傾向にある。さらに、ナスでんがくみそ(500円)もお願いする。
 髪型をきちんと決めたダンディなマスターと美人のママさんが常連の皆さんと会話している。自然に我々にも話しかけてくれた。
 「前にいらっしゃったことありますよね?」と言われる。私は色々なところでそう言われる。誰かに似ているという場合が多い。
 こちらの「松月」は、数年前まで希望ヶ丘商店街沿いにあった。現在はマンションになり、1階が食品を中心としたコンビニになっている場所の角地である。「その頃にいらっしゃいました?」と聞かれる。その時は中に入ったことはなかった。さらに、「そのまた前に、今の店の並びで「松月」という同じ名前のお寿司屋をやっていたんですけど、その頃かしら・・・」とママさん。「その時、おみあげのお寿司をよく買いましたよ。」と答えた。マスターに出前に来てもらったような気もしてきた。ほぼ十年前の話である。だんだんに記憶が甦ってくる。

 気が付くと、いつも無意識で造ってしまう「箸袋の折り紙」を造っていた。これを折っている時は、リラックスしている時なのである。どこかの居酒屋のカウンターで、客が帰ったばかりのテーブルの上に不思議な形に折った箸袋が置いてあったとしたら、ちょうど映画「ブレード・ランナーのラスト・シーンのように、「居酒屋探偵DAITEN」が帰ったばかりであると思っていただきたい。

 トイレに立った。店の様子を観察するには、このトイレに立った時がチャンスなのである。トイレは一番奥の左手、そのすぐ前に4人座れる小上がり席を見つけた。普段はあまり使っていない様子である。何かの打ち合わせの時にでも使わせてもらうおうと思う。
 こちらの店は、本当に常連の皆さんのコミュニケーションの場である。こちらの店を楽しむには、このコミュニケーションに自分も参加する気持ちが何よりも大切であろう。

 約1時間の滞在。お勘定は2人で3,380円であった。

  石川台「松月」看板

石川台 お酒・お食事「松月」
住所 東京都大田区東雪谷2-21-1
電話 03-3728-8654
定休日 月曜日
営業時間 17:00~23:00
交通 東急池上線石川台駅下車徒歩2分


にほんブログ村 グルメブログへ ←にほんブログ村の「東京食べ歩きランキング」に参加しています。こちらをクリックお願いします。

ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」



テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

蒲田 立ち飲み「炙り安」

居酒屋探偵DAITENの生活 第184回  2009年3月1日(日) 【地域別】  【時間順】


※2009年3月1日 230,000カウント通過 感謝!

蒲田 立ち飲み「炙り安」



  蒲田「炙り安」外観

   ←クリックお願いします。 にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ ←クリックお願いします。

 blogram投票ボタン
 ←クリックお願いします。

   電子書籍の作成と販売が出来るサイト
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム ←居酒屋短編小説を発表中(無料)。「新岳大典」で検索。



 日曜日の夕方である。sakuraの用事に付き合う為、蒲田へ向かった。用事はすぐに終わり、買い物をしてから軽く飲むことになった。そこで「立ち飲み店」に入ることにした。以前から一度入ってみたいと思っていた店である。
 蒲田では比較的新しい方の立ち飲み店である。店内は明るくきれいだ。
 場所は東急池上線と多摩川線の蒲田駅の脇。ガードの北側にある飲食店の多い路地の一角といえば解りやすいかもしれない。駅の方から路地に入ってゆくと、右手がガード脇、左手がガード下ということになる。
 実は日曜日に蒲田へ来る度、休みで入れなかった。お店の方に聞いてみると第2、第4日曜日が休みであった。私が訪れたのがたまたま第2、第4日曜日に当たっていたようである。

 中に入ると10人程が座れるL字カウンターが左手にある。マスターとママさんの2人がカウンターの中で働いている。
 まずは、サッポロ赤星中瓶(500円)である。こちらの店は前金制であるので、釣り銭皿に千円札を2枚置いたおいた。そこから500円をママさんがとり、おつりの1,500円を元に戻してくれる。
 乾杯をする。サッポロ赤星に出会うと、プリン体が恐いくせについついビールを飲んでしまう。
 おでんをsakuraが頼んだ。だいこん、ちくわぶ、はんぺん、がんも各100円である。サイズ的には小ぶり。
 続いてのツマミは、新玉葱スライス(250円)とタコぶつ(450円)である。ホッピーセット(400円)は400円ボーダーラインホッピーゆえに頼んでしまった。ジョッキは生ビール用のジョッキを冷蔵庫で冷やしたものを使ってくれた。氷入りの場合は常温のジョッキに氷を入れるに違いない。
 Sakuraの2杯目は黒霧島お湯割(450円)、私は3杯目にホイス(400円)を頼んでしまった。また2杯2品を守れなかったのである。

 トイレを借りた。トイレは二階である。上がってみると、テーブル席があった。8個の椅子があり個室として使える空間になっていた。
 カウンターの上の皿やグラスをカウンターの上の段にのせ、目の前のカウンターを自分で拭き、「ご馳走様」と言う。お勘定をしてもらい、それを待つ必要がない。キャッシュ・オン・デリバリーはこれが良い点である。

 7時30分から8時20分まで50分ほどの滞在。使った金額は2人で2,850円であった。

蒲田 立ち飲み「炙り安」
東京都大田区西蒲田7-67-12
電話03-6313-1657
定休日 第2第4日曜日
営業時間 17:00~23:00
交通 東急池上線・東急多摩川線蒲田駅下車徒歩1分、JR京浜東北線蒲田駅下車徒歩2分



ホッピー原理主義者とは?
ホッピービバレッジが推奨する飲み方【3冷】を【原理】として、どこの酒場でもできるだけ原理通りの飲み方をしようと努力する酒飲みのこと。特に、大量の氷と多すぎる焼酎を入れたホッピーは、焼酎のオンザロックのホッピー味であって、本当の「ホッピー」ではないと考える。ホッピービバレッジの「飲み方いろいろ」を参照。

「ホッピーを原理主義的に飲む方法」はこちら


こちらクリックお願いします→ FC2 Blog Ranking

こちらクリックお願いします→ 人気blogランキングへ

実力派俳優になりたい人は→ 演出家守輪咲良のページ「さくらの便り」


テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
プロフィール

新岳大典

Author:新岳大典
新岳大典(ARATAKE DAITEN)
作家・コーディネーター。

居酒屋探偵daiten(izakaya detective DAITEN)として活動。劇集団咲良舎制作。多目的スペース「かたびら・スペース・しばた。」クリエイティブ・ディレクター。
演出家守輪咲良のブログ「さくらの便り」ブログ「人間日和」を運用中。
2011.7よりfacebook参加。2011.8より「ブクログのパブー」にて居酒屋短編小説を中心に発表開始。
 2014年9月6日より独自ドメイン取得によりURLがhttp://daitenkan.jp/に変更。

 なお、ブログのプロフィール写真は仙台四郎(せんだいしろう)の人形を撮影したもので新岳本人ではない。
 その時代、仙台四郎が訪れる店は繁盛するとして各地でもてなされたそうである。没後は商売繁盛の「福の神」としてその写真が店に飾られるようになったとのこと。

地名タグ
↓【地名をクリックするとその地域の記事だけが表示されます】

横浜 西谷 星川 菊名 蒲田 二俣川 元住吉 武蔵新田 保土ヶ谷 平沼橋 天王町 吉田町 黄金町 所沢 自由が丘 野毛 桜木町 雪谷大塚 藤沢 戸部 西横浜 東神奈川 中目黒 下北沢 池上 日吉 多摩川 田園調布 千鳥町 洗足池 新丸子 新橋 蓮沼 石川台 長原 緑が丘 大岡山 矢口渡 下丸子 大崎広小路 五反田 沼部 祐天寺 鵜の木 大井町 奥沢 渋谷 高円寺 武蔵小杉 尻手 川崎 鹿島田 向ヶ丘遊園 御徒町 東京 浜松町 学芸大学 御嶽山 雑色 中延 荏原中延 荏原町 二子新地 登戸 関内 鶴見 椎名町 池袋 戸越銀座 吉祥寺 戸越公園 目黒駅 平間 久が原 高田馬場 下高井戸 三鷹 大崎 秋津 新宿 大森 旗の台 恵比寿 都立大学 石川町 日ノ出町 綱島 武蔵小山 神田 秋葉原 上野 三軒茶屋 新馬場 不動前 立会川 鮫洲 三田 東銀座 西馬込 西小山 浅草橋 両国 笹塚 西大井 馬込 武蔵新城 新川崎 神泉 北品川 新小岩 武蔵溝ノ口 小島新田 神楽坂 水道橋 日暮里 西日暮里 野方 赤羽 大倉山 飯田橋 小石川 代々木 十条 王子 豪徳寺 世田谷 山下 深川 

新岳大典作小説リンク
ブクログのパブー発表中の「居酒屋短編小説シリーズ」
カテゴリー
ブログ内検索
居酒屋探偵団関連リンク
おすすめサイト ◎新岳大典が管理しているブログ、サイト、facebook
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる